ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

« 設計できない人物が中心になったと思われる住宅が公開されていた。 | メイン | 株)オフィスエフエイ・コムが飛んだ日 »

2022年8月 1日 (月)

株式会社住宅債権管理回収機構

住宅金融公庫に支払えないと、双方書面合意のもと株式会社住宅債権管理回収機構に債権移転手続きがされる。

Saiken

上のように単年度で33.4億円の売り上げ(取り立て)がある。

住宅ローン残債が 

1、単年1000万円/1人として330人が取り立てられたケース。

2、単年100万円/1人として 3300人が取り立てられたケース。

3、単年50万円/1人として 6600人が取り立てられたケース。

どのケースが一番近いか?

*******************************************

長野県では返済しない個人・法人は、法人の「やまびこ」に債権移転され、こだまも取り立てにくる。

柄は悪いことで知られている。

「八十二銀行でお仕事ができないお方」は八十二リースに配置になる。八十二リースでオツムが普通のおかたは名刺に「長」の文字がある。昨年、八十二リースとお話していろいろと分かった。

 八十二銀行の元 副頭取さんがアルピコグループのTOPに就任している。アルピコ(松本電鉄)は北安曇郡池田町のご出身者が創業した会社だが、 銀行管理におちた。八十二銀行から役員を出してもらっている法人は、県内で50社はあるが細かくは調べていない。現実は銀行管理になっている。オイラの住む谷では7社 銀行管理下にある。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34251476

株式会社住宅債権管理回収機構を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ