Powered by Six Apart

« 深セン空港税関で、4日間足止め喰らった。 「プリント基板」。 | メイン | 実験結果を受けてVR化した「AMエキサイター基板」が届いた。  »

2018年5月13日 (日)

「LA1201基板」と 「ポケトラ基板」の大きさは同じです。

Rsadbyxkaqsybht3zi7bcinauffg6koc

********************************

JH1FCZ大久保OM執筆の本にも記載ある「ポケトラ」。

063

 ◇下のLA1201ラジオ基板。 「RF1段+OSC+MIX+LA1201+AF」の構成だ、これは未通電だが 回路上はOKだ。40x90mmサイズになる。

このサイズにポケトラが実装されている。

065

重ねてみた。

066

067

◇、、とTRXの場合に、ヘテロダイン方式の受信回路だけで ポケトラサイズになってしまう。「FCZコイルを7S化」、「AFのTA7368⇒LM386化」すれば長手側10mm程度は縮みそうだ。

◇ 受信部を 「レフレックス+超再生」にした大久保OMの想いもオイラは共感できる。


YouTube: 「レフレックス+再生」式 単球ラジオ。

◇今、手掛けているAM エキサイター(MC1496), TA7316ラジオの目途がついたらポケトラを考えてみる。 超再生の技術はオイラの基板でも確認済みではある。 その後にポケロクだろう。

◇ はやりのRFID技術には「超再生回路」が用いられている。ここ。 超再生は過去の技術だと想っているなら、そりゃRFIDを使っていない国で暮らしていくしかないね。日本のRFIDはばんばん導入されており、自動車製造のトヨタだと2013年から導入していた記憶だ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34125991

「LA1201基板」と 「ポケトラ基板」の大きさは同じです。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ