Powered by Six Apart

« 3S-STD。 IF球は、6KT6(18,000μモー)。 ⇒3球スーパーラジオキット。  改造図UP | メイン | 実験的FMラジオ その2 ロックド・オシレータ検波 ⇒ 6DT6+検波コイル   »

2014年1月20日 (月)

実験的FMラジオ その1 ロックド・オシレータ検波 ⇒ 6DT6+検波コイル  

実験機も、僅かながら進んでいます。⇒この続きです。

B電圧は170V。ソケットは4個。

***********************************

AFが回り込むのでOUTトランスは表に出した。

やや改善されたが、まだ回り込む。 AFの回り込み対策はのちほどにする。

球構成は 6AK5⇒6BE6(6BY6)⇒6DT6⇒6GX7。

球に6DT6を使う⇒FM検波になる。 

先の記事にあるように、これは実験機。

①6DT6の使い方の習得。⇒動作点を知りたい。

②バリコンとコイルの確認。 ⇒バリコンへの補正コンデンサーの容量を知りたい。

③6BY6の変換具合の確認。⇒FM帯の発振具合を知りたい。

先ず、実践。

理論はWEB上にあるので、実践。

077

IF&検波の6DT6↓。 検波用コイルの造り方は、先日の記事参照。

自作の検波コイルなのでやや不安。

079

SGを10.7MhzにしてFM変調信号をIFTに入れた。

078

上の写真のように、音になってでてきた。 

20pFトリマーを廻して、感度ピークに合わせる。トリマーもピーキーでなく、合わせやすい。

Hi-Lにしたつもりだが、コイルの巻き数は、たまたまよかった。

これで、検波はできた。一安心。(もっと巻き数のある方が、よい気配)

6DT6+検波コイルをつかった検波は、「ロックド・オシレータ検波」と呼ばれている。

WEB上に、理論もあるので、詳細はそちらに譲る。 

★バイアスを浅くするとOUTも増加するので、通常の動作点でよさそうだ。

とりあえず、g1バイアスは,0.9Vにした。

★試しに、AM変調を入れてみると音になってでてくる。

10.8Mhz近傍を入れると最も、音が大きくなった。⇒6DT6の動作点をいじっていたら、最後はAM検波しなくなった。

次は「局発が動作して、変換できるか?」

BC帯スーパーラジオと同じイメージでいたが、OSCしてくれない。

ワイヤレスマイク製作での、

「B電圧が低いと高い周波数では発振が苦しい」経験が脳裏を横切る。

B電圧170V程度じゃ苦しいようだ。 先人達の回路を見ると250Vは掛かっている。

どちらにしても発振の切っ掛けが弱く、OSCできていないので、

切っ掛け用コンデンサーの容量を、0.1μF⇒3.3μFにした。

081

同時、Dip Meterでコイルと、バリコン補正コンデンサーはあわせた。

78~90Mhzのバンド幅にした。

で、通電した。さきほどとは音が違う。ラジオぽい音になったのが耳でもわかる。

080

OSCした。が、局発コイル端で波形が取れなかった。

波形は、g2端で取れた。(OSCのアノード)。コイル端で取れない理由は不明。

★発振強度は、 真空管FM帯ワイヤレスマイクが概ね0.3V~0.5Vなので、ほぼ並状態。

過去のFM帯ワイヤレスマイクで、3極管は25Vも掛かればOSCすることがわかっている。

50MHZでよければB電圧12Vでも楽にOSCすることも、過去実験でわかっている。(記事あり)

念のために、信号を6BY6にいれてみた。AM変調でいれた。FM変調だと聴こえてこなかった。

082

一応検波されてOUTされてくるが、 えらく弱い。

変換部でマイナスゲインになっているのが判る。

+Bが高いと多少は違うのか?

動作はするが、「使える」にはまだ遠い。

「検波できただけでも由」と想う。 

目的の①、②は確認したが、6BY6のOSCが弱い?。

3極管OSC+3極管MIXだと、普通すぎるから、 

6BY6使ったんだけど、いまのところ苦しいのが実情。

*******************************

続きます。

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/32056187

実験的FMラジオ その1 ロックド・オシレータ検波 ⇒ 6DT6+検波コイル  を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ