Powered by Six Apart

« 実験的FMラジオ その1 ロックド・オシレータ検波 ⇒ 6DT6+検波コイル   | メイン | 実験的FMラジオ その3 検波球は、6GY6に変更。 OSC+MIXは6BK7 »

2014年1月22日 (水)

実験的FMラジオ その2 ロックド・オシレータ検波 ⇒ 6DT6+検波コイル  

ロックド・オシレータ検波の続きです。

最初は、先日後回しにしたAFの回り込み?発振の原因を調査。

レイアウトに起因するなら、またシャーシ加工せにゃならんです。

★まずは、事象確認。

①VRを3部ほど廻すと、「ボッボッボッ」と発振する。

②AF段のゲインを下げると、 VRをもっと廻せるが、やはり「ボッボッボッ」とくる。

★+Bのリップルを見た。

083

上の写真のように、120Hzのリップルが0.1v近くあった。

今回は平滑は3段なので、まあ仕方がない。

★VR直前の結合コンデンサーでの波形をオシロで見た。

084

見慣れたバースト波形。60Hzも120Hzも。

6DT6はヒーター波形が、つよめにOUTされることが判った。

⇒検波コイルのグランド側を配線しなおす必要あり。

★ VRを廻して、「ボッボッボッ」させた。(6DT6のOUT側でみている)

085

AF段の発振というよりも、電源が負けているイメージ。「ボッボッボッ」は10Hzなのか、、。

⇒平滑回路のCを増やす必要あり。

★平滑回路を修正した。↓

086

上の写真のように、低抵抗値の6段にした。

「ボッボッボッ」は止まってしまった。 

検波コイルのグランド側も配線しなおした。 

★6BE6後のIFTをC結合にした。

冊子を見ると6BE6をつかったFMラジオの初段IFTは、どれもC結合になっている。

087

波形はでてきた。AM変調だと、何も出てこない。FM変調のみOUTしてくる。

先日は気にとめなかったが、バズ音?がやや気になる。

SGの入れ具合からすると、RF(IF)であと30~40dB位は、必要な気配。

放送局(サテライト)近郊なら 「6BE6+6DT6+AF」で聴こえるだろう。

★ 真空管ハンドブックで6DT6を見ると、もっとSG電圧を掛けて使用している。

★検波コイルは、もっと巻き数があっても良い気配。

★RF用のソケットに球を挿すのは、のちほど。

 

*********************************

続きます。

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/32057865

実験的FMラジオ その2 ロックド・オシレータ検波 ⇒ 6DT6+検波コイル  を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ