Powered by Six Apart

« 短波帯もOSCした。  スプレッドバリコン式 7球スーパーラジオ その5 | メイン | 自作 GT管6球 スーパーラジオ 6SA7,6SK7,6SK7,6H6 その1 »

2014年1月 2日 (木)

真空管用IFTの中身を見た。(FM用)

2013年,真空管のスーパーヘテロダインラジオは、

キットで5台、自作で1台まとめただけだった。 ともにAMを検波するラジオだった。

中波・短波の2バンドのラジオは、3台。

いま製作途中のがまとまると、2バンドラジオはプラス1される。

★メーカー製品で修理したものは、①松下     RE-760

                     ②YAMAHA  CT-R1

**************************************

BC帯用でない IFTの中身を 

飽きもせずに眺めているオヤジが一人。

001

右の2個は、10.7Mhz用なので FMの中間周波数用。

コンデンサーの容量が50PFとか150PFとかで、

LOW-インダクタンスで使って、IFT調整しやすくしているのがわかった。

左の2個は ??

16mHは、浮遊容量で10.7Mhzに合うが、そういう使い方をしていたのか????

100mHは、L・R分離用だというのは判る。 

オイラは、お馬鹿だからね

★コイルを巻いてみた。

芯はベークライト棒。トリマーコンデンサでFreqはあわせる。

この巻き数と23PFで10.7Mhzになる。 市販より、Hiインダタタンスになっている。

あわせにくいから、多分巻き数を減らすと想う。このコイルは、検波用。

002

「6個で1000円」で手にいれたケース。もちろんIFTでは無い。

003

球は4球。

検波確認の実験機です。

続きます。

*************************************

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/32029351

真空管用IFTの中身を見た。(FM用)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ