Powered by Six Apart

« 高周波増幅(6HA5)を追加しました。⇒3s-std | メイン | 自作   真空管 BC帯 4球ワイヤレスマイク  その1 »

2013年1月25日 (金)

6BE6局発は非同調負荷にして、IFを1段追加。⇒3S-STD

非同調負荷の高周波増幅は、BCバンド下側の530が最も増えて、1650に向かって下がっていきます。

理由は、オイラが説明するよりも、

NHKの「ラジオ技術」に記述がありますので、ご一読ください。、、、、、、

********************************

3S-STD(3号機)の球の並びを換えて

6BE6⇒6HA5⇒6BA6⇒6LF8にしてみました。

3球スーパーラジオにIFを1段追加して、4球スーパー(IFは2段)にしました。

ヘテロダイン検波(チョーク負荷)⇒IF⇒IF⇒AF⇒AFの構成になります。

082

ヘテロダイン検波管(6BE6)の負荷は、非同調になります。

100K~250KΩの抵抗でもOKですし、高周波チョークでもOKです。

どちらでも鳴ります。

080

↑波形が揺れているのは、6LF8のヒーターリップルが己のプレートに出力されているからです。

6AW8もヒータリップルがプレートに出てくる球なので、

気になる方は多数購入し選別して使うことを薦めます。

081

↑6BE6は、4mHの負荷にしました。

6HA5はカソードRをVR化してあります。

BCバンド上限での耳の低下もなく、概ね良好です。

抵抗負荷でも、チョーク負荷でもOKです。SNが劣化してますが、、。

IFTが一段ゆえのキレの甘さを、改めて感じました。

オイラの電波環境だとAGC(AVC)は 6BE6と6BA6に掛かっているだけで十二分です。

ほんとうは、IFの1球にAGCが掛かれば足りる環境にいます。(弱電界です)

アナウンサーは声が重要だよね。

TVは見た目優先のアナウンサーが多いから

声が綺麗でないよね。

*********************************

結果は、概ねgoodです。 

増えたゲイン測定は15dbですが、SNが劣化してます。

聴感上は、ノイズが耳につきますね。

3S-STDをお持ちの方、実験トライすると比較体験できて面白いですよ

以上、 6HA5を使ったIF段の追加記事でした。

TOP PAGE


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/30874739

6BE6局発は非同調負荷にして、IFを1段追加。⇒3S-STDを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ