Powered by Six Apart

« 6BE6局発は非同調負荷にして、IFを1段追加。⇒3S-STD | メイン | KIT-2050 オイラも手にいれました。 »

2013年2月 1日 (金)

自作   真空管 BC帯 4球ワイヤレスマイク  その1

モノの価値が上がるデフレに誘導したい政治のようですね。

モノの価値が上がる⇒相対的には、紙幣の価値が下がりますね。

で、経済界は「給料のベースupは3年は実施しない」ような発言がチラホラありますね。

「労働力の流動性を高める」とのことで、最低賃金制度を無くすことを掲げた関西のお方の政党も多数当選したので、 給料はこりゃ下げることで政治も経済も一致してますがね。

労働力は余っているので、給料を上げる理由は全く日本にはありませんな。

まあ、物価は↑。給料は↓の生活の到来ですな、、。

*******************************

真空管の直結マイクアンプの動作確認も、前記事のようにFM機でできましたね。

Ipが少ないと後段に吸い込まれて、ゲインが目減りすることも体験できました。

直結だと初段は0.7~1mA,

2段目は4mA以上 Ip流した方がよさそうですね。⇒機会を見て、確認してみます。

で、BC帯のワイヤレスマイクをまたまた自作中です。

4球構成の予定です。

001_2

002

7pin ⇒9pin⇒ 9pin⇒ 7pinの構成です。

発振球は6BE6の予定なので、マイクアンプ部のゲインは80db目標です。

で、実験して確かめて見たい回路も実装してあります。

********************************************************

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/30906731

自作   真空管 BC帯 4球ワイヤレスマイク  その1を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ