Powered by Six Apart

« ゲルマニウムトランジスタラジオ SKT-601 その1 | メイン | 100vトランス式 FMワイヤレスマイクの波形。普通で安心しました。 »

2012年9月14日 (金)

ゲルマニウムトランジスタラジオ SKT-601 その2

昨日の続きです。

ゲルマニウムトランジスタラジオ SKT-601のメンテナンスです。

039

↑脚が長かったパーツは、低くしました。

スピーカーとの隙間が苦しかった処は、コンデンサーを置き換えました。

040

★黄色線の処に、18Ωの抵抗が入っていてOSCからの注入量を減らしていたので、撤去。

このラジオは、3V駆動ですので、

OSCからの適正注入量は、オシロ読みで0.25V~0.45Vが良好です。

0.2Vはほしいです。この注入量は、オシロ波形で決めます。

★「ヘテロダイン検波」の歴史を知ると面白みが増えますね。

★ 検波段にダイオードを追加して倍電圧検波にしました。

倍電圧にすると「バルボル読みで3db丁度upする」ので、オイラは通常、倍電圧検波にします。

041

↑NHKを受信中。

44年前のトランジスタの音です。

普通に聞えます。「バーアンテナの軸上に、電池がある」のは残念ですね。

042

↑ドレミのペンです。

普通に聞えているので、メンテナンスは終了です。

******************************************

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/29818407

ゲルマニウムトランジスタラジオ SKT-601 その2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ