Powered by Six Apart

« 自作   真空管 3A5 FMワイヤレスの回路図 | メイン | ゲルマニウムトランジスタラジオ SKT-601 その2 »

2012年9月13日 (木)

ゲルマニウムトランジスタラジオ SKT-601 その1

2013年10月6日 追記

 YAHOOの出品とは、まったく無縁です。

 オークッションへは 出品していません。

 なぜ、直リンクしてくるのか????

 

********************************

組み立て済み品を入手しました。

フォーランド電子さんが、昔々キットで販売していました。

昭和43年の日付がありますので、もう44年も昔のことですね。

モデルナンバーは、SKT-601

学校教育用キットなので、指導者は学校の先生ですね。

038

↑ちょっと脚の長いパーツがありますが、 まずは動作確認です。

035

↑普通に波形でました。

夜なので、雑ノイズが多いのが波形でもわかります。

ちょっとクリップ気味のようですが、トラッキングとIFTはズレていませんでした。

もう44年前の調整なのに、よほど上手い方(学校の先生)が調整されたのですね。

そう言えば、技術家庭科の先生は、真空管でラジオ作っていたなあ、、。

037

↑少し耳が悪いのが悔やまれるところです。

★「ゲルマだから耳が悪い」訳ではありません。

★「部品が劣化しているから耳が悪い」訳ではありません。

おじさんのblogに時々立ち寄って見ているかたなら、「耳が悪い理由」が判ると想います。

過去の記事を見ると、そこにしっかりと書いてあります。

036

penで触ると「ドレミ音がする遊び心」が付属しますね。

フォーランド電子さんのキットって、遊び心があってオジサンは好きです。

放送波も普通に聞えます。上記のように少し耳が悪いです。

3球再生式とおなじくらいかなあ、、

****************************

脚の長いパーツは、メンテ予定です。

IF段で、もう少しゲインが取れそうなので、時定数も触ってみます。

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/29805287

ゲルマニウムトランジスタラジオ SKT-601 その1を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ