Powered by Six Apart

« KIT-10 中波ラジオ 1IC+2TR キット | メイン | テスター »

2011年8月 7日 (日)

6TR-STD 6石 トランジスタ ラジオ キット

 ①FM専用でLCD表示のラジオ。

祐徳電子の 「FMラジオキット2」 を造ってみた

感度良好でFMラジオとしてお薦め。

104_2

 ②ケースがしっかりしていて、感度良いラジオ。2P3

初めてのAMラジオキットとしてお薦め

051

070

③現行品のトランジスタキット

0

**************************************

ラジオ少年から販売されている「6石スーパー ラジオ キット」です。

ラジオ少年のキットは、どれも良心的価格ですね。

スタッフ様に、いつも感謝しております。

**********************************

トランジスタ ラジオキットの6TR-STD。 
価格は安いです。自励式スーパーヘテロダインですね。


通電確認にLEDが点灯します。

200


中国産のキットで 2000円弱でお手ごろ値段です。

(円レートが変移したので、今は安くなってます)


電池の端子のニッケル?鍍金に半田が乗りにくいです。

535Khz~1630Khz普通に聞えます。
トラッキングしてみると、感度差は1.5dB内に収まってました。
まともなキットだと思いますよ。

NHKが540Khzにあるので、下側はほしい地域です。

家中 LANノイズで 気が付くのが遅れたのですが、
VRをMAXにすると モーターボーディングしてました。

3Vなので、AFにひっぱられて電圧が暴れます。
電源ラインに22000μFを追加しても、改善されません。

で、安定化電源から3Vを供給すると、ザー雑音で100mA 流れてます。
もちろん、安定化電源だとモーターボーディングしません。

3Vで100mA食うんじゃ、 仕方ないなあ、、、。

モーターボーディングは、電源の能力不足で発生します。

必要な電流を供給してあげてください。

201

持ち出してみました。↓(BLUE LAKEにて撮影)

202

ここは、中波の放送局から55Km離れています。
一応聞える RS52くらいですね。
もう4~6dB ゲインがほしいです。
 改造するテーマを見つけました。


これは、しっかりと鳴っていました。

2号機

205

1号機は、電池実装部のプラスチックが割れてしまい、
アラルダイトで修復補強してあります。



1号機のTR3,TR4は2SC1815Yと1815BLに換装してあったり、
AGCの時定数がオリジナルと異なっています。

もちろん、感度は上がってます。

キャンプ等のアウトドアに持っていけます。

市販のICラジオよりはよく聞えるので、驚かれます。

206

感度は
2号機 >1号機です。
1号機のバーアンテナ コイルの位置が
peak pointで無かったようです。

感度UP

204

で、ラジオ少年の6石ラジオキット6TR-STDも 局発の電圧を上げてみました。

TR1のC2を 682⇒103に変更して1.5dbほど感度upしました。
        223だと 過発振です。

2号機の局発波形が少し 歪むので
R1を150Kにしてみましたが、心持ちの改善でした。

デジタルオシロでは、0.28V(1号機)ほどです。
2号機は、0.4Vになってました。

手元の6TR-STDは、かなり感度UPしました。
低音でケースがビビるので、C6⇒1μF。

3号機

207

半田工作は 愉しいです。

途中、3号機の波形がクリップするのが気になってました。

まず、
①AF段にAF信号入れてきれいOUTされるのを確認。
②IFにSSGで455Khzを入れると クリップする。⇒IFのTRが怪しい?
③局発のエミッター波形は とても綺麗。
④AF信号発生器の455KhzをIFに入れると 綺麗な波形。
    ⇒TR1が怪しい?、トランジスタ検波が怪しい?
⑤局発を止めて、IFにSSGで455Khzを入れると綺麗な波形。
    ⇒TR1が怪しい?


こんなこと2晩してました。

6石ラジオキット  6TR-STD  ドロッパーR ⇒抵抗値変えました。

乾電池受けの「コイル式接点」が長いので、

ニッパー等でカットして長さを合わせます。

切り過ぎると復活させ難いので、慎重に、、。

083

084

↑コイル部をニッパーでカットして、寸法合わせします。

(慎重に、、。)

********************************************

2016/Feb/14追記  最新のは4バンド(FM,MW,短波1,短波2)

KIT-006D  ⇒製作記

044

ST管はお好きですか?


YouTube: はいぶりっどラジオ 1-V-2 デジタル表示

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/29012909

6TR-STD 6石 トランジスタ ラジオ キットを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ