Powered by Six Apart

« 真空管3A5+TR FM帯ハイブリッドワイヤレスマイク  その2 | メイン | 秋月さんのAMワイヤレスマイクキット。⇒「だれでもできる電波通信実験」を触ってみた。 »

2012年9月23日 (日)

真空管3A5+TR FM帯ハイブリッドワイヤレスマイク  その3(回路図)

真空管+TR  FM帯ハイブリッドワイヤレスマイクの続きです。

★マイクアンプの+Bは

9Vx5の電圧を、抵抗⇒ツェナー⇒抵抗で31Vにしてあります。

RFの「+Bラインからの流入」を嫌って、ノイズフィルター入れました。

★プリエンファシスは未配線。

★「同調コイル+アンテナコイル」にしました。

078

あとは、高域補正だけかな、、

高域補正しました。

079

*****************************

回路図

026

マイクを使う前提のゲイン設定です。

CDやIpadからのラインインですと入力過多で歪みます。

CDから入れたい方はNFBの帰還量を増やして、ゲイン下げてください。

「同調コイル+アンテナコイル」にしたので、以前よりはFreqがふらつきません。

210

↑最新版 2012/Sep/26

発振波形はこれを見てください。

*********************************

400

で、「電池をどうやって置いておく??」ってことで
マグネットシートの出番です。


信州上田の鐘通工業株式会社のシートですね。(今は
カネテックの名称です)

大学の先輩のINO氏に、「カネツーに来い」って誘われたのでが、
行きませんでした。すみません。

酒が強かったINO氏、、。 定年越えてどうしているやら、、、。



ホームセンターだと、驚くほど高価なので、
工具系商社で取り寄せてもらったほうが安いですね。

401

このワイヤレスマイクは、36Vでも駆動します。帰還Cを前機より多くしたので

36Vでも発振しました。

(36Vだと周波数カウンタで計測できるほどには、強くは電波でません)

45V駆動で、8mほど飛んでます。アンテナコイルの同調点がFMバンド外にあるので、

それなりに減衰してくれて、飛びすぎず助かってます。

******************************

バリキャップ変調のワイヤレスマイクも製作してみました。⇒記事

TOP PAGE 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/29884751

真空管3A5+TR FM帯ハイブリッドワイヤレスマイク  その3(回路図)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ