Powered by Six Apart

« 秋月さんのAMワイヤレスマイクキット。⇒「だれでもできる電波通信実験」を触ってみた。 | メイン | 6AQ8真空管FMワイヤレスマイク   高周波は難しい »

2012年9月27日 (木)

真空管3A5+TR FM帯ハイブリッドワイヤレスマイク  その4

真空管3A5+TR FM帯ハイブリッドワイヤレスマイク  の続きです。

帰還量のC加減で、発振させるのに必要な電圧も上下することは、判りました。

「RFの回り込みを防止するノイズフィルターの通過前、通過後の+B波形はどうなの?」です。

402

↑まずアンテナ端を測ります。(同調コイル+アンテナコイル)

403

「コイル⇒C⇒アンテナ」の波形との差異がわかりますでしょうか?

長いアンテナは使うとダメです。

アンテナコイル側にATTを入れて、減衰させたほうがよさそうです。

↓これが、1T4+3A5の「コイル⇒C⇒アンテナ」波形(製作記事)

020

******************************

で、ノイズフィルターの効果の確認です。

1,ノイズフィルタの手前で「どの程度+Bに乗っているのか」を測ります。

2,ノイズフィルター通過後、どうなっている??

404

↑ノイズフィルター手前

405

↑よく判らない、、、。

406

↑1mvレンジでも、よく判らない、、、。

ノイズフィルタの手前で、RFの漏れが上手く発見できません。(喜んでいいの??)

申し訳ないですが、ノイズフィルタの効果を見る以前に、RFの漏れが見えてません。

「同調コイル+アンテナコイル」だと、

漏れが見つけられない今日でした。(ノイズフィルタは不要ぽいです)

★前機の「コイル⇒C⇒アンテナ]だと、ノイズフィルタ手前で発振波形見れます。

407

36V駆動で充分なかんじです。

*****************************

バリキャップによる変調も上手くいきました。⇒記事。

TOP PAGE 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ