Powered by Six Apart

« 真空管3A5+TR FM帯ハイブリッドワイヤレスマイク  その4 | メイン | 未組み立てキット »

2012年9月29日 (土)

6AQ8真空管FMワイヤレスマイク   高周波は難しい

100Vトランス式真空管FMワイヤレスマイクの続きです。

先日、+Bのリップルは、波形確認できない程度には減らしましたね。

************************************

今日は、再び100Vトランス式の真空管FMワイヤレスマイクを触ってます。

100Vトランス式ワイヤレスマイクは、416Mhzを計測してしまった。

420

アンテナコイルをつけたら、5逓倍の周波数を抽出してしました。

0421

これに、バッファー球をつけると
「430MhzのFM送信機ぽいもの」が出来てしまう、、。
高周波は難しいなあ、、。

********************************

100Vトランス式のワイヤレスマイクは、
①電源トランスの振動を拾って、ブーン音あり。(軽くてマズイ状態)

⇒筐体を10~20mm厚アルミでつくる必要あり。

(電源トランスって、磁界のなかに外装鉄板があって、、、、

 こりゃパーツフィーダーの振動コイルと同じだものね。軽いと効果てきめんだよ)

ラジオを球なしで、「電源トランスが机面に触るように逆さ置きして通電SWを入れる」と

パーツフィダーの振動が体験できます。(重さ次第ですが、、、。)

********************************

①は、落ちついて「50年代の無線と実験」よんだら、やはり記述があった。

昔も苦労したようですね。

********************************

これと対照的に
3A5使ったハイブリッドワイヤレスマイクがとても良好です。
飛び加減も調整して8m程度に押さえたし、変調も市販キットより良いし、、。

②+Bのリップルをオシロで確認できないほど減らした。1mv以下。
 しかし、ACコードからの誘導ノイズがマイクロフォンコードに入るのを確認。
 (電源部を別置きにするしか、解決方法はないようだ)

③6AQ8だと変調がとても浅い。
リップル対策に平滑回路の段数ふやしたら、+Bがさがって6GU7では発振しなくなったので

発振強さを戻した。⇒6GU7を採用

****************************************************

TOP PAGE



コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ