ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

« スピーカーにDCを流した場合のムービングコイルの動きを診た。 | メイン | ヘッドフォンアンプを自作した。トランジタ 3Vで鳴る。 »

2022年9月10日 (土)

「アナログ ラジオ 終了」 の背景

1,電波塔の設計寿命がそろそろ満了する。 つまり理屈では、いつ倒壊しても不思議でない様相になってくる。 施工の上手・下手のファクターぬきに理論面では寿命になってくる。

2,そうすると新しく電波塔を設置することになるが、AM放送開始時のような「まわり一面は田んぼ」の環境は北海道しか残っていない。

3,そこで民放連は「中波帯の放送免許を有する放送局が申請すればFM帯放送免許を認可してくれ」と陳情をはじめた。 住宅事情・不動産事情を考慮し「総務省からOKが出た」

 

4,新設備を自費で導入するAM放送免許局に対しては、FM局新設備費用の50%が補助金として交付されている。どの局がいくら補助金を入れてもらったか?は、省から公開されている。 概ねFM中継局1つあたり2000万~4000万くらいだ。放送局としては総合1億程度の補助になったりする。

ラジオ放送の難聴対策支援」との有り難いお名前である。 AM⇒FM によって山影地域は受信不能になるが、 難視聴対策とのネーミングだ。

5、回りが田んぼな北海道は、AMのまま行く。NHKもAMのまま行く。

6、要約するとゼニがない局(一般的には 経営が苦しいと表現する)が交付金でFM新局化する。

7、 本州でもやや田舎の田んぼ・山林はガンガン売りにでている。200円/坪 程度で売買できるのでそこを2万坪買って電波塔たてることは簡単だ。しかしAM免許局はそれから逃げている。 6.6KV 500KWを電力会社に引き込んでもらって支払う工事負担金額は「100万/100m 」前後と廉価だ。

**************************************************

検索しないようにお願いします。 siryou01.pdfをダウンロード

・民放ラジオ難聴解消支援事業 。 

・地上基幹放送等に関する耐災害性強化支援事業

・電波利権

静岡はここ。省からの公開はこれ

信越放送(株) はここでひとつ。

*********************************

am局は fm化にあたり 業務通信用周波数で ラジオ内容をfm放送鉄塔に送信している。 これを受信しちゃったほうが楽である。これ周波数表にでていた記憶。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34252717

「アナログ ラジオ 終了」 の背景を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ