Powered by Six Apart

« amワイヤレスマイクキット : sl1641 | メイン | 6mQRPトランシーバー基板を領布します。 »

2019年9月23日 (月)

3バンドラジオキット の製作 その1 .(再掲)


YouTube: AM transmitter ,using mc1496.

◇◇◇

2012年記事の再掲です。

****************************

ラジオ少年から 新しく領布されたラジオキット KIT-600です。

MW/SW/FMの3バンド対応で、造り応えがあります。

2IC+2TRの構成です。

FMは空芯コイルなので、調整技術の優劣が判りやすくなってます。

「空芯コイルのラジオキットが、現行モデル」に驚くとともに、供給してくれた裕徳電子さんに感謝申し上げます。

価格は3150円と、オイラの財布にとても優しいです。

部材↓

030

回路図(日本語)とパーツリスト(中国語)、それにキーポイントを記述したA4用紙が

付属してました。

031

半田中↑ 

★FMのセラフィルターは、写真左側に印刷面が来るように配置します。(AM用も同じ向き)

★OSCは、赤コアがMW、緑コアがSW用です。

★赤LEDは足にチューブを被せます。長さは、基板をパネルに取り付けて

現物合わせで、決めます。(専用のスペーサがあるのを、後で気つきました)

★FM用空芯コイルは、「巻き数で2種類」ありますので、回路図通りに実装します。

(寝かすべきコンデンサーが立っています。すみません)

071

LEDノスペーサ↑

033

↑配色が違うようなので、赤⇔黒入れ替えました。

034

↑DC用のソケットの向きが、他の2つと異なるので注意ですね。

1個だけコンデンサーを寝かして、ケースとの干渉をかわします。

035_3

036

037

↑電池接点。

038

039

↑アンテナホルダー(方向性あり)

044

↑バンド切り替えSWの「リンク部品」

045

↑嵌めあい確認中。

********************

その2その3へ続きます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34191216

3バンドラジオキット の製作 その1 .(再掲)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ