Powered by Six Apart

« KIT-600 AM/SW/FM 3バンド ホームラジオキット その1 | メイン | KIT-600 AM/SW/FM 3バンド ホームラジオキット  その3 »

2012年5月 6日 (日)

KIT-600 AM/SW/FM 3バンド ホームラジオキット  その2

通電したらFMノイズが聞えたので、一安心ですね。

↓FM放送を受信中(未調整)

040

↓SGの信号を受信中(未調整)

041

MWもSWもFMも聞えているので、電気的には間違っていないようです。

これから、落ち着いてトラッキングしますね。

***************************

MW帯

アンテナホルダーの取り付けに、樹脂スペーサを3枚↓

048

ボンドで固定中↓(MW用バーアンテナ)

049

MWコイルのターン数が多いです。(インダクタンス過多)

写真は、18回ほどいてあります。(16回くらいがよいでしょうか、、。)

「KIT-735の場合は、アンテナコイル⇔IFTの距離を縮めたくなかった」のですが、

本機KIT-600はIFT無しです。中間周波数の回り込みの心配がほとんどないので

ターン数を減らしました。(ターン数が多いと調整がpeakyになります)

050

MW調整中↑。波形は普通です。耳も普通です。

「これだけ良い性能で、3150円」は買いですね。

 おじさんが指導者なら、これを薦めますね。

局発のコア(赤)を触ってトラッキングします。

******************************

SW帯

同調コイル(バーアンテナ)は無いので、局発の周波数を合わせて終了です。

緑色のコアをさわります。

バンド下限↓(印刷表示が3.8Mhzでしたので それに合わせました)

051

052

バンド上限↑。

********************************

あとはFM帯とケーシングが残っています。

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/29052567

KIT-600 AM/SW/FM 3バンド ホームラジオキット  その2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ