Powered by Six Apart

« TCA440のIF段は偶数です。⇒簡単に発振しますね。  | メイン | »

2019年7月21日 (日)

tca440の感度について

afを実装した。 これでLA1600等との比較ができる。

030

◇ 

やや不安定さが増えた。帰還発振した波形でみれた。

031

(S+N)/N=10dBになるSSG値(TCA440)。

LA1600やTDA1072と同じ水準。

032

TCA440まとめ。

・感度はごく普通。 

・IFT間寸法を約38mmと離してもしっかりと正帰還発振(iftからの電波放射による)するので、AGCモードで使うのがよい(弱い信号受信には不向き)。 トランジスタラジオでもここまでは離さない。

・弱信号だとIF-OUT波形が汚い。 帰還発振中はビート音が聴こえるのでそれと判る。

今後の方向性

・IFTきょりをもう8mmほど伸ばしてみる。結果48mm前後になる。

・感度はごく普通なので、ift間を48mmにするメリットはほぼ無い。⇒感度良いtda1572ssb受信させる方が随分とメリットある。

・世間の評価よりは難点が目立つICのようなのでTCA440をTA7613に置き換えてみたい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34186186

tca440の感度についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ