ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

« LA1600 ラジオ基板(試作中)。SELF OSCはOK。 ラジオ作動はOK. | メイン | LA1600 ラジオ基板(試作中)。OSCの漏れ。BFO。 »

2018年1月29日 (月)

LA1600 ラジオ基板(試作中)。ノイズがオイラの真空管ラジオより大きい要因は?

*************************

LA1600ネタです

昨日の写真のように VR閉時のノイズは、LA1600ラジオ>自作真空管ラジオであった。

真空管ラジオは交流をシャーシに流してヒーター点灯している「オイラ的には普通の自作ラジオ」だ。しかし一般的ラジオの1/5~1/10程度の低ノイズだ。平均的ラジオ工作者から見れば「特別なローノイズラジオを自作」し続けているように見えることを最近知った。

LA1600ラヂオは、一般的真空管ラジオよりは低ノイズだ。 しかしオイラのラジオよりはノイズが大きい。

LA1600ラジオのノイズ要因を探る。2mVより小さいのでオイラが使う100MHzオシロではノイズ周波数の特定には中々至らない。このノイズ値が小さくなるとS/Nが改善される。

LA1600のSNについてはWEB上のPDFには数値が公知されている。

138

◇まずノイズ要因として頻繁に遭遇する3端子レギュレータを疑う。

NON-NOISEとしてオイラが推奨する製品は5Vの種類がTO-92として生産されていた。勿論すでにディスコンになっている。現在はチップパケージ品しか製造していない。 8V,9V,15VタイプでNON-NOISE品はまだ見極めていない。5V(TO-92)タイプはディスコンだが、左のリンク先ではまだ販売中ではある。

136

上写真のように3端子レギュレータを剥がした。乾電池から直印加9Vでも、ノイズ値は改善されない。

この状態でトランジスタラジオを傍らに置き、LA1600ラジオの電源を入りきりすると、LA1600通電時にAM帯ノイズが増えることが確認できた。

と、、SP端に100MHzオシロをつないで色々やっていると 電源断の瞬間に7MHz帯の波形が目視できた。+Vラインコンデンサー放電による動作波形(OSC波形?)が10mV近いものがオシロで0.3秒程度観測される。OSC波形と同じ時間軸で計測できる。ほぼ毎回確認できる。 どうやらOSCの漏れも一緒に混ざっているらしい。可聴範囲外なので1.7mVも観測される割には、ノイズ感がないので、OSC漏れが主たる要因だろう、、、と。 こういうこともあるだろうと予測していたので、AF部にはLPFは1段入っているが、効果が弱いのは何故??

そのOSC漏れ対策に「3番ピン⇔8番ピン」に抵抗(22Ω)を入れ設計したのだが、抵抗があるとOSCしないことから、8番ピンからの微妙なRF漏れを利用しているICだとわかった。単に同電圧だけではだめだった。

BFOが強すぎて機能しないので、がちゃがちゃやってると発振停止中のBFO部で7MHzOSC波形が確認できた。どうやらCOLD側から来るらしい。対策としてはCOLD側を一筆書きパターン(信号の流れにそった)でまとめることになるが、、、。+V側のLPF(AF)が効かないのも納得。

電子は負側から正側に移動するので、その移動経路(負側)がはちゃめちゃだとノイズは増える。MIC-COMPなどは極力、一筆書きパターンが求められる。MIC-COMP基板

このOSC漏れ状態で観測されるノイズは一般的な値だ、MY SR-7と同じだ。、、と云うことは 対策を取らずに 皆皆、製作しているだろう、、と。 COLD側からの漏れゆえに 明瞭な対策がないので、放置されていることもありだろう、、。

確定版では、オイラは対策し配線ルート変更した。結果は改善されている。

◇BFO部の作動

137

455kHzマーカー(基板ナンバー RK-07)と発振部は同じC容量にした、しかし出てくる波形の周波数は低い。プリント基板のサイズ影響もある。Cメーターでプリント基板を測ると値は大きい。こういうのは片面基板で製作した方が安全だ。

139

、、と。実績のあるBFO回路を持ってきたが、 低めの周波数になっているので????状態だ。しばらくは苦労しそうだ。

この試作基板で挑戦したい方は連絡ください。 送付します。BFOを使わなければ(SSBを聞かなければ),通常のラジオ基板です。

2018年1月30日 追記

4枚送付済み。残5枚。

2018年2月18日追記

本基板が完成した。領布中(基板ナンバーRK-12)。「LA1600起因のOSC漏れ」は工夫した。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34104124

LA1600 ラジオ基板(試作中)。ノイズがオイラの真空管ラジオより大きい要因は?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ