Powered by Six Apart

« 真空管の製造出荷許容範囲について。 1966年6月製造の真空管でAM変調する。 | メイン | 台湾メーカー(ECS)のセラミック振動子。ZTB455Eを発振させて455kHzマーカー自作。 »

2017年12月11日 (月)

台湾メーカー(ECS)のセラミック振動子。ZTB455Eを発振させてみた。マーカー基板。

*******************************

村田製?振動子で良好な作動中の455kHzマーカー基板だ。

042

ZRB455Eは発振周波数が このようになったので、オイラは他の流通品を手にいれた。

◇基本発振回路は下図を参考にしている。 トランジスタ周りのコンデンサー容量が変化するとOSC周波数も変るのは当然だが、この回路だとC変化影響が最も少ないだろう。次段負荷が微妙にosc周波数を下げるので250PFが推奨されている。

105

◇下写真のは、台湾メーカー製。 村田製とコンパチブルとカタログにはある。

051

サイズがコンパチなのか?。。性能もコンパチなのか?

振動子を付け替えた。

053

◇発振させた。 おお1KHz超えで低い。

052

◇レゾネーターに直列に入っているトリマーを外して、C容量を減らしていった。

054

図中250PFを1000PF時に、トリマーC=5PFで455kHzになった。 

村田製に比べると内部Cが大きいことが判った。 現行流通品で455kHzマーカーが出来たことは大きい。

もともと村田製?レゾネーターに会わせた回路だが、ZTBでも何とかなった。 

図中250PFを100PF時に トリマーC=12PFで455kHzになった。

量産向けとしては結合Cを100PF, トリマー容量20PF(最少容量4.2PF)がネライだろう。 但しメーカー毎で使用測定器が同じモデルでないことに起因して、同じC数値表記でも実容量は異なる(オイラ達素人が測れる領域ではない)。

「基板+レゾネータ」は領布中

出品中の商品はこちら

回路図はここ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34097206

台湾メーカー(ECS)のセラミック振動子。ZTB455Eを発振させてみた。マーカー基板。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ