Powered by Six Apart

« 42mm x28mmです。 | メイン | Venekの真空管ラジオキットを通電。 »

2017年5月29日 (月)

NF型Tone コントロールを載せたロクタル管スーパーラジオ、短波/中波 その1

熊さんの好きな木です。

木長7mほどだが、天辺までこの調子だ。そこまで登れるのは子熊だろう。5月8日時点では外皮は普通だった。いまは、先端が折れて横曲がりになっている。こんな木が6本ほど この25m四角にあるので「熊さん常駐地」だろうと、、。

植林して今年で33年目です。周りの木々の径は16~21cm。雪国での木々成長は遅い。

Dsc_0010

この位置より東へ25mほどの処に熊さん砂場がある。 熊さんはお好きですか?

オイラ、本業は省力化機器の機械設計屋です。

************************************

NF型トーンコントロールは、初号機(ST管)、2号機(GT管)と製作した。

次はロクタル管スーパーですよね。 音色はやはりロクタル管ですね。こんなに良い音がするのにさほど知られていないのは残念だ。 ラジオ工作を始めたころは、ミニチュア管の音に驚いてAM放送を聞入っていたが、GT管、ST管と球種を変えるにつれミニチュア管からのラジオ放送は聴かなくなった。ミニチュア管の音はまあそれなりなので、いまや鳴らす出番がない。 ミニチュア管でSPを鳴らすならば6CZ5などだろう。 6AQ5や6AR5だと音に深みが足らない。

ipodからの出力(w数)も判明したので、AUXに「電流を流し出す機器」に接続できる回路を入れる。ipod出力が、あそこまで低いとは微塵も思いもしなかった。インピーダンス以前のことでドライブパワー不足だ。

125

出品中の商品はこちら

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34063179

NF型Tone コントロールを載せたロクタル管スーパーラジオ、短波/中波 その1を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ