Powered by Six Apart

« 真空管ラジオの修理  キット品?。 SPEAKERにはBELLの文字 その2 | メイン | 次作は、STARのIFT   通電した。     ピーンと発振 »

2015年2月20日 (金)

次作は、STARのIFT

次作は、STARのIFT。

前回のミニチュア管ラジオでは、容量ヌケだったが此れはどうだろう?

070

IFTの取り付け向きには、この記事を参照されたし。

回り込にくい向きにIFTを揃えるのが肝要。

071

球は普通のラインナップ。


*******************

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33170733

次作は、STARのIFTを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ