Powered by Six Apart

« FM /AM 真空管ラジオ FM-11 シャープ その1 | メイン | FM /AM 真空管ラジオ FM-11 シャープ その2     綺麗にした »

2014年10月 4日 (土)

真空管ラジオ用455Khz IFT をC同調タイプに換装してみた。

久し振りに、この6球GTラジオを触ってみた。

真空管IFTをC同調のタイプに換えた。

IFTのことは、ポータブル・ラジオのページで様々なIFTが詳しくあがっているので一読をお薦めする。

中身を見た。

003

1次側(PB表記)が地側だった。松下などと同じ地側。

いままでのタマディン IFTは、1次側は天側。

C部からのIF漏れがやや不安だが、装着してみた。

004

005

普通に波形はでてきた。普通のSG電圧にしてある。

タマディンに比べてゲインが取れないので、SG電圧は普通電圧にしてある。

C同調IFT+GT管6球なので、ちょっとマニアぽくなってしまった。

********************************

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/32833995

真空管ラジオ用455Khz IFT をC同調タイプに換装してみた。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ