Powered by Six Apart

« 中国製のGT管たち  6SK7,6SQ7,6P6 | メイン | COSMOSさんの丸ダイヤル目盛板。 3.5~7.5MHz仕様。 »

2014年5月21日 (水)

GT管の6球スーパーヘテロダインラジオ。2号機 自作局発コイルで通電してみた。完成じた。

GT管の6球スーパーヘテロダインラジオの続きです。

自分で巻いた局発コイルラジオに通電してみた。

①まずは、IFの信号を入れて確認。

080

IFTをあわせていくと、通常IFTよりも、かなりゲインが取れる。

タマディンのIFTって、コイル径が太いから能率良く信号が伝達されているのがわかる。

②次に局発コイルの具合を確認

082

SGの信号が取れるので普通に動作中。

バンド上限が高いので

10PFトリマーをOSCバリコンにパラ付けすることにした。

③局発コイルの発振状態の確認

083

オシロで発振具合を診る。

084

これがBCバンド下限.

オシロのプローブのLCに引っ張られて低くなってる。

24Vほど出ている。

では、BCバンド上限は??

085

21V強あることが判る。

コイル全長は90cm。タップ点は10cmで巻いたが、

上側に向かって発振強度が下がっていくので、

タップ位置はもう0.5~1cmほど少なくてよい。

★下の写真は、最弱発振強度。18.5vはありそうだ。

086

よく使うラジオ少年製のoscコイルとは、当然挙動が違う。

どう違うかは、己で測定すればわかるので、省略する。

④トラッキングも済ませて、次はバリコンプーリーの取り付け

087

丸ダイヤルも取り付けてみた。←GT管1号機から借りてきた。

088

spも取り付けてみた。

089

上の丸ダイヤルにしてみた。

090

⑤VRを絞ってのSP端でのVTVM読みは、1mVの半分程度

081

091

局発コイルを巻いてみたが、普通に聴こえてくる。

BCバンドも支障なくカバーできている。

自作GT管スーパーラジオ 2号機もこれで完成。

★1号機と2号機を並べてみた。

092

小さいのが、今調整したばかりの2号機。

球構成

ヘテロダイン検波 6SA7

1st IF            6SK7

2nd IF           6SK7

DET              6H6 (倍電圧検波)

1st AF           6J5

2nd AF          6P6(中国球  6V6同等)

ごく普通のラジオ回路です。

タマディオンのIFTなので、6SK7のカソードコンデンサーは不要。

6SK7のカソード抵抗は680~2KΩにして、軽く使うこと。

*************************

以上、局発コイルを手巻きしたラジオの製作記事でした。

 TOP PAGE

020

091

063_2

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/32261881

GT管の6球スーパーヘテロダインラジオ。2号機 自作局発コイルで通電してみた。完成じた。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ