Powered by Six Apart

« 真空管ラジオの製作  中波MT管他励式6球ラジオ その2 | メイン | 真空管ラジオ用455Khz IFT をC同調タイプに換装してみた。 »

2014年10月 2日 (木)

FM /AM 真空管ラジオ FM-11 シャープ その1

国の発表によると、

放射性セシウムがまだ空から降ってきているのだが、、

大気中の降下物

水道水

どうして報道系は情報を流さないのか?

戦前の大本営発表とおなじで、「権力者に都合の悪いこと」は伝えないシステムが成立していることがよく判る証左ですね。

核種が検出されない地域に住んでいる方々は、幸せですね。

そう言えば、GDPの70%は個人消費なのだが、「天候が悪くてマンションが売れない」

「天候が悪くて景気がよくない」と報道されてましたね。

どうやら晴天が続けばマンションが売れるらしい。上手く事が進まぬと責任転嫁する民族に日本も成り下がったらしい。

スタグフレーション時代なので、過日もUSAから 「先行きの景気が心配だ」と注意されてましたね。

********************************

FMとAMの2バンドラジオです。 FM-11  シャープ。ジャンク品で出品されていたので入手した。

001

002

FM帯はチューナーパックぽく出来ていますね。FM帯OSCコイルが断線ぽくみえてます。

エアガンで埃を掃って週末に着手してますね。

さて、YAHOOで整備済みの真空管ラジオが多数でてますが、トランスレスラジオはブーン音が強いですね。ブーン音を下げる整備はしていない出品にも見えます。

たいがいのラジオはグランド側の引き直しでハム音がさがります。(下がらないこともあるが、往時の配線ルートが下手なことが多い)

今朝、YAHOOをみていたら

「油脂が固着して、シャーシやIFTが薄黄色に変っていても,整備済み」で出品されていましたが, 今は「油脂固着でも整備済み」と呼ぶ時代なんですな~。

**************************

続きます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/32831055

FM /AM 真空管ラジオ FM-11 シャープ その1を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ