Powered by Six Apart

« 大阪音響 真空管FM / AMラジオのメンテナンス その4 | メイン | 大阪音響 真空管FM / AMラジオのメンテナンス その5 FM チューナーパック »

2014年7月28日 (月)

メンテナンス 松下(ナショナル) AM 真空管ラジオ UA-360 その1

音響のFM/AMラジオはネオン球の到着を待っている。

****************************

今日は、松下さんの真空管ラジオのメンテナンスです。型式はUA-360.

トランスレスです。年式なりに汚れています。

151

152

パイロットランプの線材から、芯線が覗いています。

153

油汚れと錆もあります。

154

155

蝋が融け落ちてました。 この蝋はどの位の温度で液体に変るのやら、、、。

一般的な蝋は70℃近傍で液体に変るらしい。

156

バリコンブッシュは、いつものように融け落ちてます。

このまま通電すると火花がでるので、 

①まず部品交換などを行ないますね。

②その後、通電確認。

③BC帯は外部アンテナ線なしで鳴らしてあげたいので、バーアンテナ化を希望

 (巧く置けるか???)

157

158

159

160

磨くのに疲れた。

その2。

************************************

2018年11月 追記。

PLの結線。 35W4のヒーターセンターから貰っている。もう1端は5番ピン。(スタンダードなトランスレスラジオの配線です).

UA-360は2台とも嫁いでいったので残った写真頼りです。25オーム抵抗は無くても支障ないはずです。(現に鳴っているはずです)

22Ωあるいは30Ωのセメント抵抗(5w)を手にいれて配線してみてください。サイズが大きすぎるようならば 50Ω3W抵抗2本(酸化金属皮膜)を並列使いしてください。

031

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/32364299

メンテナンス 松下(ナショナル) AM 真空管ラジオ UA-360 その1を参照しているブログ:

コメント

はじめまして、山口県山口市在住のJN4WTYと申します。今年の春ごろ山口市の骨董市にてUA-360を入手し自宅でコンセントにつなげてMWのNHKが大きな音で受信はしたのですが清掃をとネット検索中こちらのWebにたどり着いた次第です清掃のため裏蓋を開けてシャシーを取り出したところパイロットランプ8Vの配線の被覆がボロボロだったので、交換しようとボロボロの配線を外し、代替の線を組み付けようとしていますが外す前に写真を撮っておくのを忘れたためシャシーのどこの端子に接続すれば元通りになるのでしょうか?また当方のものにはシャシー左側電源トランスのある側の25Ωのグレーの抵抗が欠品のようですが現代の代替品はどうすればよいのでしょうか?また純正のスピーカーP-6123の紙にかぎ裂きが一部発生していますがそのままでも問題はないのでしょうか?交換の場合は、何処のメーカーのどんな製品をつければよいのでしょうか?はじめましてなのに長々と失礼しました。

お世話になります。

写真追加しましたので、PLラインが判ると思います。

SPは和紙を貼って暫定対応してもよいですし、取付穴位置が同じものを入手して換装してもよいです。メーカーは問わずです。P-6163のインピーダンスは明示されているはずですが、3.2Ωだと思います。3.2Ω品の流通はあります。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ