Powered by Six Apart

« log file | メイン | 6BJ6を5本 »

2014年6月28日 (土)

真空管GT管 5球式スーパーヘテロダインラジオの製作 その2 6SK7,6SQ7 回路図

6SQ7を使った5球ラジオの続きです

****************************

結線したので、通電してみた。

091

普通に調整する。

①AF段の確認。

 VR端にAF信号を入れて、SP端で15dB~20dB(電圧)増えていればOK。

次にIF段は、「軽いSG電圧と深いバイアス」状態から、

ゲインを上げて行く。 信号源は、SSGで455Khz。

③OSC回りの調整。

 いわゆるトラッキング。⇒あちこちに情報が沢山ありますね。

信号源は、SSGで テストループにて空中に電波を飛ばす。(これが重要)

飛んだ電波をラジオのアンテナコイルでキャッチ。

テストループは、現瞬間YAHOOに出品されているので、必要な方はチェックのこと。

(もう4月前から出されているが、必要なヒトは居ないのか?)

調整したら、+Bのリップル具合を確認。

092

局発球を抜いて、確認。

60Hzの揺れが見える。 

シリコンブリッジ整流なので120Hzの揺れがリップルなのだが、

判らないのでリップルはok.

⑤ VRを絞ってSP端の波形を見る。(所謂 残留ノイズ)

093

ピンボケだが、0.9mVよりも低い。

6SQ7や6AV6は、その構造上どうしても漏れてくるので、この位になる。

前作(6H6)は0.5mV。

SPに耳を密着させればハム音は聞こえる。 0.2mVのレベルでも聴こえるので

ヒトの耳の性能はとても良い。

メーカー製トランスレスラジオの実測値が概ね6mV~10mVです。

経験上、自作ラジオとしては、1.0mVを割り込めばよい。⇒受信ノイズのほうが支配的。

101

103

104

105

STARのIFTなので、サイドがバサっと切れる。

とても具合が良いIFT。松下あたりとは比較にならない。

混信に強いので、このラジオは手元においておきたい。

106

090

回路図⇒5tube_super_6sq7.pdfをダウンロード

ごく普通の回路。

①多段平滑回路の実力は上記の如し。

②6SQ7へRF信号を渡すコンデンサーは47PF。

 「大きいと高域がカットされる」と数式入りで古書に記載があった。

③AVCとAF信号は別系統にする。

④6SQ7のRLは今の処30KΩ。IPは0.2~0.7mAを狙う。

 ゲインを稼ごうと欲張ると、IPが少なくなるので注意。最低0.2mAは流したい。

 このRLが大きいとハム音も上がってくるので、要調整。

 IPが小さいと 音も痩せるので注意。

⑤6SQ7は高グリッドリーク抵抗でなく、 カソードバイアス。

 カソードバイアスの方が音が良いように聞こえる。

 

⑥やや高域不足だったので、OUTトランスに472をパラ付けして

 高域補正を掛けてある。

 ⇒低域補強の場合は、この記事参照

******************************

以上、製作記事でした。

第101個目の製作になりました。

2014年7月6日 追記

今日は、連続12時間鳴らしてみた。異常なし。

1週間の間、毎日2時間づつ鳴らしたので、慣らしは終了。

2015年1月1日追記

6SQ7は多めに電流を流すと音が奇怪しくなる。

データシート上では1mA近くながせるのだが、実際には上限は0.5mA止まり。

0.7mAも流してしまうと音が鼻詰まり?音になる。⇔工作経験者しかわからない世界。

ご自分でお試しあれ。

004

091_2

020

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/32315103

真空管GT管 5球式スーパーヘテロダインラジオの製作 その2 6SK7,6SQ7 回路図を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ