Powered by Six Apart

« 今週 調達したもの | メイン | 真空管式 FMラジオの製作 その2 »

2014年2月16日 (日)

真空管式 FMラジオの製作 その1

松本に向かう「唯一の幹線道路」なのに、まだ除雪できていない。

まあ、オイラの住む町は、

「除雪しない町」としてこの地域一帯ではよく知られているから、

当然のことか、、、。

小谷や白馬ではしっかりと除雪車が出るのに、この町はめったなことでは除雪しない。

家の目の前の道は車幅8m、長さは500m。この町にしてはとても幅広い路。

けど、この金~日の3日間で除雪車が来たのは、土曜日の9時15分に一回だけ。

この幅広路に一回じゃ、他の道の除雪は駄目だろうね。

金~土曜日で、積もった雪はほぼ90cm。

「家から外出しないように」との役場の有線が幾度となく流れるこの町。

路がないから、車じゃ出れないけどね。 やはり徒歩だよ。最後は徒歩。

こんな事、書けるのもオイラのFamilyが除雪車のドライバーやっているからだけどね。


YouTube: はいぶりっどラジオ 1-V-2 デジタル表示


YouTube: 「レフレックス+再生」式 単球ラジオ。

********************************

FM放送を受信するラジオの製作を始めた。

先回の、実験的真空管4球 FM ラジオを技術ベースにして新製作です。

原理はWEB上にあるので、そちらを参照してください。

実験機の具合からすれば、6DK6のIFを1段入れれば耳は足りそう。

ご存知のように、6DK6はTVの映像周波数増幅用に開発された球

gm=9800モー。 

バリミューの6BA6よりも ゲインが取れて低ノイズ。球が不人気なので値段も安い。

★中間周波数増幅管の評価手法として

増幅できる帯域幅と利得を 「Figure of Merit」で表すのは、皆さんがご存知の通りですね。

式によると、

6BA6   ⇒67

6BD6   ⇒ 44

6CB6    ⇒ 150

6EJ7    ⇒ 192

6DK6   ⇒ 190

FMのIFで6BA6を使うのは往時の値段によるもの? くらいしか理由が判らない。

今は高性能の6DK6の方が安いからね。

053

RF+MIX で1球。

OSCで 1球。

IFは 2球。 耳具合で球は選定。IF一段だと球配列が苦しいので2球。

検波は ロックド・オシレーター。球は6GY6。(6DT6?)

AFは、6AQ5(5AQ5)。 足らなきゃ 3極管+5AQ5にする。

IFTはごちゃ混ぜ。組品でないので安価に入手。

検波コイルは、前回のものを利用。(つくり方は、前回の記事参照)

054

IFTが取り付くように、これからヤスリ掛け。

レシオ検波はWEB上でもよく見かけるので、そのうちにトライ。

(第3IFTは、レシオ用と同サイズなので載せかれば済む)

スロープ検波は未体験。

ラジオ造りは、枯れた技術。それゆえに古書で学ぶ。

*********************************

続きます。

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/32100535

真空管式 FMラジオの製作 その1を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ