Powered by Six Apart

« 6BE6,6BY6 そして5915 (再UP) | メイン | 自作の4球スーパーラジオ(6JC6,6AL5.6AB8)  その2 »

2014年2月 2日 (日)

自作の4球スーパーラジオ(6JC6,6AL5.6AB8)  その1


YouTube: 再生式はいぶりっどラジオ 1-V-2 デジタル表示

*************************************

*************************************

先日、3球スーパーラジオキット 3S-STD(ラジオ少年)を改造した

改造したラジオで放送を聴くと

改めて「IFTが1段」の音のよさを 思い出した。

IFTを2段,3段と入れて聴くとIFT段数の少ないほうがやはり音が良い。

突き詰めると、「RF増幅2段⇒検波⇒AFのラジオ」が音質面では良いのだが、、。

先日の真空管FMラジオ実験も、進行中。

*********************************

3S-STDはダイオード検波だったので、

双2極管検波のスーパーラジオを造ってみた。

ヘテロダイン検波 ⇒6BY6

IF                   ⇒6JC6

DET                ⇒6AL5

AF                 ⇒6AB8

以上、4球構成。

DETに6AV6を使わない理由は、その音。

経験上、6AL5で検波させた方が良い音に聴こえる。

1 st AFの球種でラジオとしての音色が決まるので、 色々と試してみると面白い。

平滑回路は、いつものように低抵抗値の多段。↓

001

ビスの締結には、バネ座金(スプリングワッシャー)は使わない。

「緩むから使えない」と述べるのが、エンジニアとしては正しい表現。

命に係る構造体、例えば車や鉄橋には

スプリングワッシャーが使われていないのは、皆さんが知っておられるはず。

002

電源トランスやバリコン、ソケットなどはラジオ少年から購入。

OUTトランスは、東栄さんから通販。IFTはオークッションで調達。

IFTは、 コンデンサーを小さくした。↓

003

耐500Vのマイカ。

005

バリコンプーリーに糸掛けした。

スプリングは、先日の記事のもの。 個人売りもしてくれる。

006

004

不器用なりに形になった。

通電は後程。(明日?)

出来上がった勢いで、通電しないことが肝要だと想っている。

********************************

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/32078273

自作の4球スーパーラジオ(6JC6,6AL5.6AB8)  その1を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ