Powered by Six Apart

« 自作 GT管6球 スーパーラジオ 6SA7,6SK7,6SK7,6H6 その3 残留ノイズも測った。  | メイン | 自作 GT管6球 スーパーラジオ 6SA7,6SK7,6SK7,6C5,6H6,6P6 その5 »

2014年1月 9日 (木)

自作 GT管6球 スーパーラジオ 6SA7,6SK7,6SK7,6H6 その4

GT管スーパーラジオの続きです。

1ST AFはメタル管6C5を挿しておいた。

供給電圧が低いので、負荷抵抗を加減してもIP=0.65mAまでしか流れていない。

やはり、電源トランスは換装したい。

★バリコンにプーリーを取り付けてみる。

減速比は、直径の逆数になる。

032

プーリーは、バリコン軸に「押し子」を使って取り付ける。

★加えてアンテナコイルをいつものように、手巻きする。

030

今のコイルを測ると278μH近傍のようだ。

巻いてみたのが下の写真。

031

引っ張りバネ(丸線引っ張り)は、

バネ係数が、0.10N/mm~0.20N/mmのものが使い易いと想う。

オイラは、バネはSOTECだと想っている。

名が知れているところでは、KSSやアキュライドもあるが、

オイラは仕事でもSOTECを好んで使っている。

033

トラッキングも済ませて、バーアンテナのコイルは固定中。

球構成

ヘテロダイン検波 6SA7

1st IF            6SK7

2nd IF           6SK7

DET              6H6 (倍電圧検波)

1st AF           6C5

2nd AF          6P6(中国球  6V6同等)

★音はナチュラルに聞こえる。1st AFのIPが少ない割には、ナチュラル。

通電して30分ぐらいから、音が大きくなってきた。球に元気が戻りだしたようだ。

★ST管用IFTなので、1次コイル⇔2次コイルが離れており、

結合性がMT管用より落ちるので、ゲインは期待できないが、音質は良い。

★残留ノイズも0.4mVなので、アース配線はこの方法でよいようだ。

 ミニチュア管ラジオは0.7mVだった。 

*****************************

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/32039801

自作 GT管6球 スーパーラジオ 6SA7,6SK7,6SK7,6H6 その4 を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ