ラジオ系情報

Powered by Six Apart

« 自作 GT管6球 スーパーラジオ 6SA7,6SK7,6SK7,6H6 その4 | メイン | 発振子。トリマー。 »

2014年1月11日 (土)

自作 GT管6球 スーパーラジオ 6SA7,6SK7,6SK7,6C5,6H6,6P6 その5

GT6球スーパーラジオの続きです。

SPを載せました。

035

バリコンの取り付け板は、換えました。

IFのゲイン調整VRをつけました。

036

+Bのリップルをオシロで見ました。

シリコンブリッジで整流なので60Hzの2倍の120Hzが見えるはずですが、、、

037

120Hzにラインを出して確認します。

ラインと合ううねりがないので、okですね。

+Bにのっているノイズは2mV程度です。

スパイク形状の波形は、局発からのもれです。(20mVくらいあります)

SP端での波形は、前の記事の通りです。

038

トランスがやや非力なので、平滑回路のRは通常より軽くしてあります。

039

出力トランスの1次側(12KΩ)には、本来コンデンサーは不要。

このGT管ラジオにはつけていない。

レイアウトが下手だと発振するので、コンデンサーをつけて発振を回避する。

010_3

*********************************

以上、製作記事でした。

スプレッドバリコン式ラジオ

これの作業を再開しますね。

TOP PAGE

001b

 

026_3

024

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/32042103

自作 GT管6球 スーパーラジオ 6SA7,6SK7,6SK7,6C5,6H6,6P6 その5を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ