Powered by Six Apart

« 自作 GT管6球 スーパーラジオ 6SA7,6SK7,6SK7,6H6 その2 回路図 | メイン | 自作 GT管6球 スーパーラジオ 6SA7,6SK7,6SK7,6H6 その4 »

2014年1月 5日 (日)

自作 GT管6球 スーパーラジオ 6SA7,6SK7,6SK7,6H6 その3 残留ノイズも測った。 

通電してみた。

先ずは、IFTの調整。

021

波形は普通。

①6SA7は+B 170V。SG電圧96Vにした。

②6J5はトランスの電圧が高くないので, ちょっと苦戦中。

いまIp=0.5mA。巧く電流を流せていないので、電源トランスは換えたい。

この6J5には150V程度掛けないと1mA流れないようだ。(トランスOUTで240~280V位は必要)

球を換えることにする。5極管にしてしまうかも、、。

③耳はいま調整中。 6SA7にもう少し電圧を掛けたほうがよい気配。

 ST管用IFTなので、1次コイル⇔2次コイルの距離が、MT管用に比べて離れている。

それゆえに、IFTでのゲイン増がMT管用ほどは取れない。が、帯域が広めになるので

音質としては良い方向に働く。

★次にVRを絞ってのSP端のバルボルの値。

本機は、0.4mVくらい。低い数値で、goodです。

020_3

 

 

022

023

電源トランスは、220Vタイプに換装したい。

***************************************************

その4に続きます

自作真空管ラジオ一覧

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/32033609

自作 GT管6球 スーパーラジオ 6SA7,6SK7,6SK7,6H6 その3 残留ノイズも測った。 を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ