Powered by Six Apart

« 2バンド  ラジオ キットのソケット数5をプラス1した。 | メイン | YAMAHA のチューナー 修理中です。 »

2013年9月28日 (土)

メンテナンス  FM/AMチューナー TX-40 パイオニア その2

仕事がら様々な方とお会いするが、

「口からでる言葉(用語)は立派だけど、実作業は初心者」って大人が多い。

とりわけ40代~50代の方が目立つが、 景気のよい頃に就職できた世代なのだろうか?

機械図面が読めなくても、「読めたフリしてりゃ、社員はギャラを貰えるから、いいなあ」と

オイラはしみじみと感じた日だった。

もの造りの日本ってのは、 過去のお話だよね。

中高の算数、物理が理解できなくても、「機械設計屋です」ってのが多いから用心されたし.

 

*************************

この続きです

チューナーの調整をしてみた。前回の通電時間が短くて、音がいまひとつだったので、2時間鳴らしてからIFT調整。

で、FM民放を受信中↓。

101

普通に聞えてきた。

100bmp

AMを調整↑。IFT455Khzを入れてみた。 普通に綺麗。

IFTのズレもない。

 

 

 

 

 

102

ダイヤル指針がズレていたので、修正。

 セレクトSWの接点が今ひとつなので、D5を塗布。

 煙の出た部品もなく、FM/AMも鳴っている。 ジャンク品とのことだったが、無問題だった。

FMの耳も良い。 AMはダイオード検波なので、 倍電圧検波に改造もできる。

このチューナーには活躍してもらう予定。

**************************************

2013年9月29日 追記

ケースを取り付けた。

103

104

メーターも生きている。

部品交換もせずに鳴った「ジャンク品」だった。

*************************

我が家では、朝は 6球ラジオキットでAMを聞き、

夕方は、RE-860 でFMを聴く。 

日曜日には、半田コテもちながら BC帯をこれで聞いている。

 

*************************

以上、メンテナンス記事でした。

 TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/31871243

メンテナンス  FM/AMチューナー TX-40 パイオニア その2を参照しているブログ:

コメント

以前の記事で pionner tx-40 チューナーを拝見しました。
当方、FM受信はokですが、ステレオランプが全てのポジションで付いており、ステレオにはなっていないようです。もしお願いできうるようなら、一度見て頂きたく投稿いたしした。宜しくお願いいたします

お世話になります。

TX-40はおよそ6年前ですね。真空管のFMものは、IF合わせしても通電するたびに中間周波数が異なるので、1週間ほど電源入り切りしてIFのバラツキ傾向を見て調整する必要がありました。結構難しい分野です。

 最終段のIFTがズレているとインジケータが常時点灯になったような記憶です。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ