ラジオ系情報

Powered by Six Apart

« 自作 LC発振 4石式FMワイヤレスマイク(バリキャップ変調)その1 | メイン | 自作 LC発振 4石式FMワイヤレスマイク その3  回路図 »

2012年11月 1日 (木)

自作 LC発振 4石式FMワイヤレスマイク(バリキャップ変調)その2

続きです。

どうやってもオイラには逓倍波が取り出せないので、

とりあえず「発振⇒バッファー」にした。

001

見栄えが悪くなっているが、正常に動作はする。

002

写真のように82Mhz付近の周波数にした。

003

↑右がワイヤレスマイクへの入力。

左がラジオからの波形。 歪みもなくok.

004

バリキャップに1SV101を使ったら、マイクゲイン過多だった。

このバリキャップは、型録が示すように⊿Fしやすいので

マイクアンプ部は1TRで充分です。

***********************************

素で実験すると、バリキャップ 1SV101に30mVも掛かれば、

変調は充分なことが確かめられた。

MICから3mV入力なら10倍程度でOK。(電圧ゲインで20dB)

高域補正で4dBほどロスるので、マイクアンプとしては25~28dBあれば足りる。

トランジスタ1石で丁度の1SV101バリキャップです。

★カーボンマイクならTR増幅なしで、バリキャップ1SV101につなげられそうだ。

***********************************

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/30174175

自作 LC発振 4石式FMワイヤレスマイク(バリキャップ変調)その2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ