ラジオ系情報

Powered by Six Apart

« 今日の不思議 | メイン | 自作 LC発振 4石式FMワイヤレスマイク(バリキャップ変調)その2 »

2012年10月30日 (火)

自作 LC発振 4石式FMワイヤレスマイク(バリキャップ変調)その1

本稿は,トランジスタを4個使ったFM帯のワイヤレスマイクの製作記事です。

真空管を使ったFMワイヤレスマイクの製作記事は、

①FM 1号機 6EW6+6AQ8    (真空管でFM変調)

②FM 2号機  6EW6+6EW6+6GU7     (真空管でFM変調)

③FM 3号機  6BK7+6GU7     (真空管でFM変調)

④電池管 3A5      (真空管でFM変調)

⑤電池管+TR    3A5 ハイブリッド

を読まれてください。

************************************

「バリキャップ変調+3A5FMワイヤレスマイクが上手くうごいているので、

オールトランジスタでバリキャップ変調のFMワイヤレスマイクの自作を始めました。

ダブラー(2逓倍)の予定。LC発振

080

平ラグを使うので、配置確認中。

*******************************

マイクアンプに2石⇒バリキャップ⇒発振⇒逓倍(x2)の予定。

TRは2SC1815Yを4個。

バリキャップは1SV101の予定。(後記ありますが、30mVも掛かれば充分な変調になる

バリキャップです)

*******************************

081

083

↑16ターン巻いて測定中。(この後LCメータは故障)

線径は、Φ0.8mm。コイル内径は8.5mm。

082

↑あとは、9Vラインの半田。

084

↑発振周波数をまず確認。それは、34Mhz近辺だった。

086

巻き数を↑のように減らした。

085

↑発振部の波形。

2逓倍すると85とか87Mhzとかになりそうなので、発振周波数はOK。

スコープを見ていると長い周期で強弱があるので、要分析。

(+Bの電解コンに充分溜まるまで、ふらつくことがあとで判った)

今宵は遅いので、続きは明日です。

*********************************

追記11月1日。 逓倍がオイラには、上手く出来ない。

実装でどこが間違っているのだろう、、。

逓倍が上手く行かないので、「80Mhz帯を発振⇒バッファー」にした。

追記11月3日。 ふつうに2逓倍できた。

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/30151581

自作 LC発振 4石式FMワイヤレスマイク(バリキャップ変調)その1を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ