Powered by Six Apart

« 思案中。そしてリップル波形。 | メイン | 真空管3A5+TR FM帯ハイブリッドワイヤレスマイク  その2 »

2012年9月23日 (日)

真空管3A5+TR  FM帯ハイブリッドワイヤレスマイク  その1

まだ100Vトランス式ワイヤレスマイクの方向性を悩んでいます。

**********************************

前回の電池管3A5を使ったFMワイヤレスマイクで1点だけ 改善したくて、

本機の製作を始めた処です。自作のFMワイヤレスマイクです。

改善ターゲットは、変調度の向上。

リアクタンス管3A5のg1に0.5V程度は印加すべきようなので

マイクアンプ部をトランジスタ2石で構成しました。ハイブリッドワイヤレスマイクになります。

(ハイブリッドICって東芝さんがさかんに宣伝したいた頃が懐かしいですね。)

マイクの起電圧を5mVと仮定すると増幅度100倍(40db)が必要になります。

★前回1T4の1球では電圧ゲインで7db弱取れただけですので、

この調子ならマイクアンプに何球必要???と考えたらトランジスタになりました。

060

↑手持ちの部品で組み始めたが、良い抵抗値のVRがなくて100KΩを暫定付け。

061

↑マイクアンプTRは、LOW NOIZEの2SC1815Yと1815Gが手元にあった。

2SC1815LY+2SC1815Yにした。(手持ちにあったから使っただけです)

062

↑同調コイルはΦ8.5のドリルに6ターン。線径は0.8mm。

(ドリルはNACHI。タップはYAMAWAかOSG。とオイラは想ってる)

RFCは1μH(共振周波数≒100Mhz)。ノイズフィルタはムラタ製。

RFCとノイズフィルタも、いつもYAHOOで見かけるのを入手。

063

↑製作中。予備で平ラグを1枚。

マイクアンプ回路は、トランジスタハンドブックの回路から持ってきました。

+Bに吊るすケミコンの良いものがなかったので、400V 33μFを暫定付け。

(350V 180μFはあったけど、、、。これから調達します)

今宵は遅いので、明朝から製作を続行します。

回り込むかなあ、、、、、、。

***********************************************************

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/29883319

真空管3A5+TR  FM帯ハイブリッドワイヤレスマイク  その1 を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ