Powered by Six Apart

« ビクター  トランスレス 真空管ラジオ | メイン | 高1 中1 の4球ラジオ 続き »

2012年7月15日 (日)

テストループで電波飛ばして計測

まだ2球真空管ラジオの実験中です。

前回は6EH7を使ったECOでした。

6HA5でも同じですが、3極管での混合は6BY6には及ばないことがわかりました。

************************************

★複合管の6GJ7を使った混合・変換を実験しました

テストループで電波飛ばして計測。

035

「OSC-220」の銅箔面にカッターを入れて、発振コイルのコールド側を

グランドから分離しました。

↓局発・混合 6GJ7。 IF、AFも6GJ7。

033

034

↑SG70dbで、バルボル中央くらい。

***************************

比較のため、2球スーパー (6BY6+6GH8)の波形。

036

6GJ7(局発+混合)+6GJ7(IF+AF)

6BY6+6GH8(IF+AF)の差は18db以上、、、、。

6BY6に勝る混合方法は、難しいですね。

単球で変換するよりは、複合管のほうがマシ」です。

53

***************************************************

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/29373937

テストループで電波飛ばして計測を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ