Powered by Six Apart

« ビクター真空管ラジオ 5A-28 3分後も鳴る | メイン | 基礎実験のまとめ 4 »

2012年7月26日 (木)

ビクター真空管ラジオ 30A5 バイアス

今日、セメント抵抗が届いたので、

ビクターのトランスレス真空管ラジオ 5A-28を触ってみた。

↓220Ωを付けた。12BA6のカソードにもバイパスコン103をつけた。

081

↓30A5のバイアス

082

で、SGで耳具合を確認。↓

083

↑ACが重畳しているのがわかりますね。

テストループをここまで近づけて、ようやくSNが確保できた、、。

耳は2球スーパーとほぼ同じ。(2球の方がSNが良い)

2球スーパーならNHK聞えるけど、

このトランスレスではアンテナ線を伸ばさないと1局も聞えない。

空芯コイルじゃ、オイラの環境では全く聞えん、、。

(室内アンテナで補助してローカル局がこのラジオでRS47~48.。

室内アンテナ+3S-STDだとRS59++)

084

↑SP端でVRを絞っての、波形。

みごとにACの波形。

バルボル値は8.5~10mV.。過去に造った真空管ラジオの値。

トランスレスラジオの水準を理解した日でした。

連続10時間テストも終了したので、

このトランスレスラジオのメンテナンスは終了です。

****************************

真空管ラジオは、電源トランス+バーアンテナで造るのが

耳と音の面から見てベターですね。

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/29427833

ビクター真空管ラジオ 30A5 バイアスを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ