Powered by Six Apart

« 2球スーパー 2号機 (バンド内の感度凸凹) | メイン | 検波信号を戻して、レフレックス実験 »

2012年6月 9日 (土)

少し改良。 6GJ7

2号機がダンプ不用でしたので、この1号機も改良しました。

①「5極部の出力⇔IFT」を、も少し離す。

②球は、カソード共通の6GJ7にしました。

 6GX7だと夜、綺麗ですよ。

020

021

↑NHK受信中。

6BA8搭載時よりは、バルボルで1レンジ分UPしてます。

「鉄筋住まい。放送アンテナから35Km。」の環境で、普通に使えてます。

*********************************

写真。

022

↑ダンプ抵抗は、要らなくなりました。

023

↑「5極部の出力⇔IFT」間を測りました。

***********************************

024

025

球を換えたので、6GJ7のテプラ貼って終了です。

**************************************************

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/29213841

少し改良。 6GJ7を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ