Powered by Six Apart

« 2010年9月 | メイン | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月 2日 (木)

イスペット 6石トランジスタ ラジオ キット CR-P461A

日本がモノ作りにチカラを注入していた時代の

学習用教材を半田してみました。

**************************

011

この金曜日にyahooを見ていたら
イスペットのキットが出品されていました。

ご存知のように、
この型式はもう生産・販売していません。

で、慌てて落札しました。
cherry のCK-606と並べてみました。

取説を見ると、「MODEL CR-P461A」になっています。

012_2

部品はこんな感じです。↑

013

ささっと半田付けです。
2SC1815Y⇒2SC1815Y⇒2SC1815Y⇒
2SC1815Y⇒2SC2120x2の構成です。


回路は、トラブルに遭遇しないように、よく考えられています。


バーアンテナの感度調整は、ブロードでピークがはっきりしませんでした。

これは、バーアンテナコイルの設計が上手い証です。

ヘタなコイルは、ピーキーになりますね。


IFTは出荷時に微調整してあるようで
1/8回転もズレてはいません。

014

歯車のバーニア機構がついていて、同調は楽です。
感度は、 過去のキットより goodです。
1番耳良く聞えますね。
耳の良さに感動しました。

ACEのラジオも若い頃作ってきましたが

このキットが市販ラジオキットの中では耳が一番ですね。

スピーカーも大きいし、音も良いです。
VRは2/5ほどで五月蝿く鳴っています。

中国、韓国産のキットとは別格です。

往時の教育関係者の意気込みが感じられます。


お薦めのラジオキットです。

ICラジオだと 波形が歪んでいることが多いし、

経験上,

感度も不十分なことが多いですね。

自作派には、トランジスタラジオを薦めます。

好みでゲインも触れますし、波形を見ながら歪みの少ない動作点にあわせられます。

本キットは、電波の弱い場所向きです。(メーカーのCDラジカセより聴こえます)

アウトドアで活躍してくれます。 

現行の市販品でないのが残念です。「YAHOOで売りに出ていたら」、買いですね。WEB上での製作記はこの記事が一番古い。キットを多数製作した経験から、このキットは優れ物と言える。

025

021

022

023

024

電池交換のことまで考えてありますね。

今のラジオキットでは、ここまで考えられていませんね。

追記2011/Nov/26

写真upしました。↓

51

***********************************

追記2011/Sep/22

製作したトランジシスタラジオキットの中で、

唯一の「改良が不要なキット」です。

 「未使用 6石トランジスタラジオ 組立式」の名称で

オークション > 家電、AV、カメラ > オーディオ機器 > ラジオ > アンティーク に出品されていることが多いです

これは、「見つけたら、買い」です。

★2014/Apr/5 追記

yahooでも年1回程度は見つけられますので、探してみてください。 

*******************************

★BC帯トランジスタラジオ キットの現行品は、

ヘテロダイン式⇒FR-7026TR-STDKIT-9CK-606KM-88などがあります。

レフレックス式⇒CK-411,KIT-12

★FM帯も聞えるラジオキットは、ICラジオになります。

FR-7100

FR-7300

KIT-600

HR-200BXなどがあります。

******************************

*******************************

超再生式FMチューナーキットも面白いですよ

超再生って知っておられます?

超再生式FMチューナーキットも面白いですよ。⇒記事

117

AM /FM ラジオキット KIT-210

074

短波が聴こえるラジオキット KIT-600

075

TOP PAGE 

2010年12月 4日 (土)

テクノキット HR-200BX  AM・FMラジオキット

030

前回の「テクノキット HR-981DX AMラジオ」に続いて
HR-200BX AM・FMラジオキットを作りました。

「テクノキット」から通販で届きました。

051

AM/FM用ということで
基板のラジオ部は完成・調整済です。 

AF段だけの製作ですので、難しくはありませんね。

VR以降を半田付けします

052

通電して、確認中です。

056

SSGから信号を入れてみました。
左側が、AF OUT(6V駆動)の波形です。

053

収納状態です。
HR-981DXより、木箱が小さいので 
電池BOXはこの配置にしました。
6V駆動です。
データシートでは印加電圧2~7.5V。
6Vですと 350mWは期待できそうです。

054

並べて観ました。
ONE IC(SONY製)なので音量不足? と想ってましたが、
WEB上で、データシート(700mW)を観て、
ICの良さを実感しました。
AM/FMとも普通に聞えます。

これで、FMを聞いていたら 
ラジカセ全盛期を思い出しました。

一番時間が掛かるのは、塗装の乾燥ですね。

追記

プリアンプを追加しました。

FCZ研の「NO,127」です。(FMラジオ用の80です)
キャリブレーションから、取り寄せました。
「発売当時と変わってない」を観て、まず一安心。

手持ちに、糸半田がないのでやや苦労しました。
01

半田後、BOX内に収納します。
ラジオ基板から 6Vを供給します。

「スピーカー磁束」の影響を受けて、
FCZコイルを同調させると回り込みます。

コイルは、離調方向であわせます。

02

03

背面です。
オプションで、手回し発電機が取り付け可能です

TOP PAGE

ウェブページ

カテゴリ