ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

« kenpro スピーチプロセッサー KP-12 :不動基板を換装しリビルト。 | メイン | 他励式真空管ラジオ :検波は6AL5 :2014年9月の製作品。 »

2021年1月28日 (木)

9石スーパーラジオ(自作)

去年の11月6日以来なんだが、OTLのAF アンプ動作の確認をした。

トランジスターを6個つかったAF アンプ。

・反転に1つ。

・OTLだと入力Zが低くなるので、エミッターフォロアの信号流下で1つ。

・OTLで2個。

・電圧ゲイン稼ぎに2つ。計:低周波に6石。  上述エミッターフォロア

8tr01

8tr02

片側が拙い動作だ。

*******************************************************

半固定VRで合わせられる範囲に動作点があった。

8tr03

******************************************************

ラジオ部(3 TR)は 実績のあるRK-44と同じにしたい。

使ったトランジスタは9石に達するね。同調指針LEDのドライブに1石あるので計10石。⇒RK-114。 Sメーター回路(4石)を載せたものは別番号にします。

・単三では電流が足らないので単二あるいは単一のこと。 概ね100mA~150mA流れるので単三だと ボボボとなる。このボボボは、モーターボディングとも呼ばれるが、supply側の貧弱さによることがほとんどだ。

 動作安定の為のバイアス回路(トランジスタ)が、多電流時の電源電圧低下(0.1V程度)に対して反応し、低下した電圧で動作安定させようとモガクので固定周期でのON/OFFのような動作になる。

**************************************************************

取り急ぎ 音が出ることを確認した。


YouTube: 自作9石ラジオ: トライアル

RF部はもう少し感度を下げるべきな感じだ。AF部は10dBほど大きすぎのようだ。OSCコイルとバーアンテナが近くてクリチカルな調整になっている。 

今日は、安定化電源から6Vを貰っているので、1000KWデジタルアンプ起因のノイズが重畳してきて、音が濁っている。

001

002

・調整箇所がややあるのでビギナーには難しいと思う。

・調整以前に、「部品数がややあるので組み立てる根気があるかどうか?」。WEBサーフィンすると100点ほどで根を上げる大人が主流なので、現代人には部品点数でのハードルが高いようです。

*****************************************************************

固定抵抗 ⇒ ボリュームに2処で変更したので、これを持って本手配にする。調整VRは計4個になる。もちろんオシロで波形確認しながら合わせこむ。

Photo

基板が届いた

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34224548

9石スーパーラジオ(自作)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ