ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

« これを思案中。 | メイン | アベノマスク中抜き事案: 通い箱にある会社ロゴで、社名が判る。 »

2020年5月 9日 (土)

自作した短波受信機感度をまとめてみた。

DSPラジオでは、忖度してSN30dBと実測された。

とあるICのデータが落ちていたので、貼り付けた。それによれば

・SN20dBで受信するのに必要な入力は83dB/m.

・電界強度値が5mV/mで snは40dB/m.

・A.G.C -10dB (100mV/m): snは50dB/m.

「デジタル演算処理では、snの表記がdB/mになるのか?」と調査する必要があるのでdsp icを利用したラジオ製作siteで確認したが、解は無かった。オイラ機械設計の知識としては、snはratioなので「/m」は不要。

Photo

・印加信号でのSPEC表記だと欄外に公開されている。100mV/mも入力させてもSNは50dB。

・5mV/mの真値は74dBuV. これでSN40dBと公開されている。 真空管ラジオでもこの直入力だとSN60dB前後になる。 データシートを眺めても、「廉価なDSPラジオICのSNは悪い」との解にしかならない。

******************************************************

シングルスーパーとダブルスーパーのRXについての実測感度。kando.pdfをダウンロード

回路図は右側バーに公開済み。

021

RJX-601では1.5uV時に(S+N)/N=10dB. そのRJX-601よりは感度良い基板が数種類揃っている。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34208001

自作した短波受信機感度をまとめてみた。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ