Powered by Six Apart

« 乗算回路 :松下のDBMで実験中。 | メイン | FTA. 自己負担の医療費は2倍化。 »

2019年12月 1日 (日)

ラジオ 送信機 自作。amトランスミッター。 SL1641.

Ee961ac5d095c72063fc012f988b9ea1

*************************

・S042Pに続いて「ダブルバランスドミクサーでAM/DSB生成」です。欧州でポピュラーなplessey  SL1641(DIP 8pin)を使いました。 

・SL640(can packege)のライセンスコピー品が NJM2594(flat packege)でリリースされています。SL640のウエハーを90度回した状態でボンデイングすれば、NJM2594に仕上がります。 JRCからのダブルバランスドミクサー分野の自力開発品はないと思います。NJM2594を褒めるのは結構ですが、開発元のSL640を知っているならば後発コピーだろうとわかりますね。

・使う側からすれば、IC socketが使えるSL1641(1640)が助かります。 そもそも開発元ですので性能は優秀ですね。plesseyは軍需系大企業ですのでJRCとの接点があります。

①中波帯で確認中。

TXに入れた波形はオシロ右がわ

真空管ラジオから出てきた波形は、左がわ。 歪まず出てきます。

20cm長電線をアンテナにして飛びは1.5mほど。既領布中のワイヤレスマイク基板と同じ。

Sl164106

***********************

送信側の変調波形(AM). 随分と綺麗ですね。お薦めできる波形です。

Sl164101

007

SL1641はコンバージョンゲイン=0dBとデータにあったが、入力キャリアの10倍くらい出てきました。ゲインは充分に在りますね。

使用上限は75MHzらしいのでMC1496とカタログSPEC上は上限周波数が同じですね。japanでは不人気ですが欧州ではポピュラーぽいdbmです。am使用性能はよいです。

*********************************

基板サイズです。

Sl164102

半固定VRは2個です。 これを回してAM/DSB波形をあわせます。 中波ですのでdsbにしないよう注意ください。

Sl164107

TRによるLC発振なのでコイルを換えればそのバンドでOSCします。SL1641の作動上限は75MHzです。50MHzは苦しいと想います。

dbm のtxとして、

1,MC1496 (RK-13等),

2,NE612 (RK-26等)

3,S042P (RK-35等),

4,TA7320 (RK-45等) ,

5,SN16913  (RK-52等)

6,CA3028 (RK-55等),

そしてSL1641になる。

すでに7つのDBMでのam/dsb作動を確認している。まあまあの実験数だと思う。このsl1641はam-txにお薦めできます。ne612より波形が綺麗ですね。

基板ナンバーRK-62.

サトー電気でも扱い中。

**********************

過変調だとこうなります。top flatになるので、ここまでは信号の入れすぎは注意ください。

005

Ans01

***********************

2011年の製作品。製作記事


YouTube: 「レフレックス+再生」式 単球ラジオ。

****************************

真空管ラジオもの製作一覧。 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34197042

ラジオ 送信機 自作。amトランスミッター。 SL1641.を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ