Powered by Six Apart

« 50MHz AM送信機。 S042Pの波形は綺麗。 | メイン | 50MHz トランシーバー考。 am / dsb  »

2019年9月15日 (日)

njm2594。同機能の先行販売品がCAN パッケージ時代からありますが?

*********************

JRCからdbm NJM2594が2002年9月に@500円サンプル出荷されて、正規販売は2003年1月から行われている。エミッタフォロワとコレクタフォロワでの出力がセールスポイントではある

同じく2出力タイプのdbm同等品が、CANパッケージ時代からリリースされている事実がある。40年を超える歴史を有する。

データシートを挙げておく。(DIP品はSL1640C, 1641c).欧州での作例が見つかる。

Sl640_641

 

 

 

Mdmeeonnetsjgjkx4vpmjkg

・JRCにとってはnjm2594は新製品だが、市場では40年ほど遅れたセカンドリリース品扱い。

先行販売品が終了したので、間隙でリリースか? とも充分に思える。欠点は内部TRのアンバランス補正が不能なこと。

・オイラは「市場から消えていたのが復活して喜んでいます」が直な感想。しかしdip 品が使い易いのも事実。

・後発リリース品を良いデバイスだと持ち上げるならば、先行品のことは知らぬ可能性大ですね。

*********************

ノイズを発生させる3端子レギュレータを製造している事実があります。戦前からのメーカーですがラジオには使えません 

ノイズ流出しないのはこれです。

、、、とオイラは開発技術のあるPlesseyの製品を使用中。sl1641.

いまさら感のあるnjm2594を使うメリットは無いだろう。(データシートで確認するとターゲット周波数はほぼ同じ、単にリフロー用にした?). 純水純度が1ケタ向上しているが性能には反映されないものらしい。

 

2009424204634254

 

Sl164107

 

***********************

トランジスタで構成したラジオがベースです。455kHz信号を同期検波UTに受け渡しています。


YouTube: 同期検波(自作ラジオ)でnhkを聴く


YouTube: AM transmitter ,using mc1496.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34190613

njm2594。同機能の先行販売品がCAN パッケージ時代からありますが?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ