Powered by Six Apart

« 今治市の奴隷労働。  | メイン | njm2594。同機能の先行販売品がCAN パッケージ時代からありますが? »

2019年9月14日 (土)

50MHz AM送信機。 S042Pの波形は綺麗。

・先月23日にNE612を使った50MHz am送信基板(RK-65)を公開し領布中だ。 amもdsbにもなるdbmを使って、800mW入力のQRP基板だ。

・今日はS042Pを使った基板を興してみた。

*****************

S042p112

S042p113

◇◇

OSCもOK.

S042p111_2

 

S042p110

調整用VRをあわせてAMモードにした。

秀逸な波形。 NE612よりgood. さすがにロシア圏のICだ。

S042p114

◇◇

DSBモードでの波形。これをAM受信機で聴くと倍音で聴こえる。(波数が2倍)

S042p115

まとめ。

非常に綺麗なAM波形になるDBMだ。 50MHzで使えるdbmは NE612とS042Pで確認が取れている。 波形では S042P > NE612  になるので50MHz用としてこのS042Pはお薦め。

S042p116

**********************

通算323作  基板ナンバーRK-66.

Ans01

◇◇受信にはこのRK-60(ダブルスーパー)を使うとトランシーバーになる。受信周波数の直読できるので、固定周波数のTXならばキャリブレーションは不要。

La1600zx18

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34190574

50MHz AM送信機。 S042Pの波形は綺麗。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ