Powered by Six Apart

« ta7613 typeⅡ。 プロダクト検波の確認。 定数見直してノイズ低減した。 | メイン | 同期検波ユニットの作動はOK。 B案にて確認した。  »

2019年8月17日 (土)

TA7613 type 2 はレイアウト変更した。其れにラジオはA案、B案。

***************

TA7613 type2 のレイアウトを見なおした。 

1, 局発が廻りこみ難いようにしたつもり。

2, cold側も少し変えた。

053

・いわゆるベタアース化しても80mhz近傍から下ではその効果は確認できていない。 真空管ラジオで鳴らせる範囲の周波数帯では効果が見つけられない。

・寧ろ、コールド側の表面積が増加して外来ノイズに弱くなる。ノイズキャッチエリアが増えるだけのことが多いのでベタアース化の際は要注意。

◇◇◇

① 先日の「半導体+1S5ラジオ」はモー値が小さいので12AV6に換えてみた。2dB程度の増幅になる。駆動電圧が低いので入力信号を吸収してしまうような動作になる。

051

中波帯ラジオは A案、B案の2通りにしてみた。

052

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34188308

TA7613 type 2 はレイアウト変更した。其れにラジオはA案、B案。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ