Powered by Six Apart

« 超再生受信器を作図した。  :TCA440レシーバー 基板はELECROWに手配した | メイン | SANYO 「 LA1600.LA1135.LA1247」 VS 「 TDA1072 ,TDA1572 」 :ダブルスーパー »

2019年6月24日 (月)

真空管式FMワイヤレスマイク 3号機。 (2013年初頭製作)

真空管でのFM変調にトライする人が増えていないようだ。

本記事が2013年であるが再掲しておく。

半導体に比べると飛びますが、くれぐれも飛び過ぎには注意ください。

********************************

其の1

真空管式FMワイヤレスマイク1号機2号機を自作して習得したノウハウを忘れないうちに、3号機の製作をはじめました。

019

1号機から使えそうな部品はトレードする予定です。

020

*********************************

腰を落ち着けて真空管を触りだしたのは、このサイトを開いてからですので、

1年と5ケ月経過しました。まだ初心者の域を抜け出ていません。

ラジオでも真空管の挙動をみていると奥が深いですね。

①SGからの入力を上げていくと、バイアスが勝手に深くなって軽度の発振をする球たち

も多数あって、中々面白いですね。データシート上ではシャープカット球になってましたね。

こういう球たちは、聴感上もわかりますし、波形上でも発振が確認できますね。

②SGからの入力の強弱で、「真空管内部Cが変化する?」のかIFTの同調点も動きますね。

  これは、Qが高いIFTを使うと実感しやすいですね。中古の真空管IFTでも確認できます。

「どの程度の信号強さで455Khzに合わせればよいのか?」悩みます。

③加えて、己のヒーターリップルをプレートに出力してくる球たちも多いので、

場合によっては球を選別することも必要ですね。

今の処、この3点は波形上で確認できました。

あとは、AMワイヤレスマイクを自作するなかで、「発振のきっかけ」が必要なことも体験できました。

*********************************

↓FM帯用ラインフィルター。 今回は、3段構成にします。

022

Dip meterで粗調しておきます。 最終的にはSSGでFM帯の信号を入れて、オシロを見ながらTRAPコイルの調整します。

023

+B周辺が終わったので、これから手持ちの球と相談します。

リアクタンス管は、実績の良い6GU7。

マイクアンプ部は、6BK7或は6AQ8の予定です。

024

↑部品は付けたつもり。

これから、落ち着いて確認します。

*********************************************************

其の2

マイクアンプ部は、3極管の直結にしてみた。(実は、今回の技術テーマは直結回路です。)

真空管の直結回路は初めてだったのだが、まあなんとか動いているぽい。

↓2段目のバイアスの値。(球は6BK7 ip=1.7mA。 1段目はip=0.9mA)

040

041

↑右が入力波形。左が直結回路の波形。

何かが、重畳しているなあ、、。

042

↑2mVを入れて、1.5V位に増幅できていますね。ゲインは57db位ですね。

規格表だとamplification  factorが37~40なので、 ひどくはないです。

あとは、波形に乗っているモノの対策と、FM帯の発振ですね。

**********************

其の3

発振波形の確認です。

090

↑普通に90Mhz帯で発振できています。

タップドセンターから+Bを供給してます。

リアクタンス管は、1号機、2号機の経験から6GU7がgoodなことが判っています。

091

↑マイクアンプ部は、双3極管の直結ですので、

6AQ8でも6BK7でも手持ちの球でOKです。

6BK7⇔6AQ8のゲイン差は実測で1dbでした。

★マイクアンプ部のゲインは、

「リアクタンス管無しで57db」

「リアクタンス管を装着して30db」でした。

球に吸い込まれてしまってゲイン不足になりました。(Ipが少ないとアカンですね)

2号機は6EW6+6EW6で35db取れていたのですが、、、、、、、。

取り合えずリアクタンス管を浅いバイアスに、今回は対応しました。

もともとマイクアンプ部としてゲインは、60dbほど必要です。

092

↑右がワイヤレスマイクに入れた波形。

左がラジオで受信した波形。(やや変しい波形は、ラジオに要因があります)

093

↑当初、発振コイルとVRが近くて、シールド線に回り込んだので コイルをやや遠避けました。

ラインTRAPは3段なので、本機はACコードへ回り込みは回避できました。

244

↑FMワイヤレスマイクの回路図

もう1球使ってマイクアンプ部は、60db近く確保した方がgoodです。

(直結を辞めてもOKですね)

150vの低電圧でも直結動作しましたが、 

初段球には0.6mA程度は流さないと音が細いです。

★最初、80Vの低電圧から直結回路で持ち上げていったのですが、ゲインは変化しませんでした。 その折、初段球はIp0.2mAでした。 音は細いです。

★電圧が低いと、Ipを流せないので、150v程度での直結回路はお薦めしにくいです。

★6GU7のOSC側は44Vに低くしてあります。

★AMのワイヤレスマイクよりは、リップルに敏感なので、それなりの電源回路にすることを薦めます。

*****************************

以上、真空管式FMワイヤレスマイク3号機の記事でした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34182931

真空管式FMワイヤレスマイク 3号機。 (2013年初頭製作)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ