Powered by Six Apart

« リミッテイングアンプ: | メイン | 真空管式FMワイヤレスマイク 3号機。 (2013年初頭製作) »

2019年6月23日 (日)

超再生受信器を作図した。  :TCA440レシーバー 基板はELECROWに手配した

*****************

先日のam-trx(RX-58)では、 DSBと比較して随分と送信搬送波を入れられなかった。結果、出力が予想より小さかった。

そこを改善すべく 送信側のトランジスタを追加した。 またクエンチング波形の除去にICを入れてみた。単にコンデンサーによるlpfでクエンチング波形を消すと音が細くなることは確認済み。

069

************************

もう一つ。

他励式 超再生検波 受信基板。

070

「感度 VS 投影面積」の割合からすれば超再生式検波はヘテロダイン式に勝る。

選択度が要求されない分野でプロユースされている理由も充分に分かった。逆にAFC?効果があり、周波数を多少追従することは利点だ。

+++++++++++++

TCA440レシーバー 基板はELECROWに手配した。 0.99ドルのキャンペーンは今日が最終日。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34182872

超再生受信器を作図した。  :TCA440レシーバー 基板はELECROWに手配したを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ