Powered by Six Apart

« ダイレクトコンバージョン受信機。確認中。 | メイン | シュミレーションソフト »

2019年3月24日 (日)

27.000MHz水晶で x3,x4,x5を得る。

*************************

1.

今日は、基本振動周波数が27.000MHzのcrystalを実装して挙動を確認していた。27の文字が読めると想う。

 

0423_2

2、

こんな波形でも x3と x4の高次波がFMラジオで確認できる。

エミッター抵抗=120オーム。

041

3、

エミッター抵抗=470オーム。

振幅が弱くなっているが、高次がでているらしいことは判る。 FMラジオでもx3 と x5の確認できた。

LC負荷だが、Qの高低によって波形も変化する。

042

まとめ。

LM386がOUT 1.2Vでクリップした。 以前は3V程度の出力までは綺麗だったが、今回の負荷回路では1.2Vが上限。 入力20mVで出力1Vだったので、LM386へは25mV位がinput上限になる。

トランジスタに接続されているCR定数をも含んだ高次波形が弱いながらもラジオから聴こえてくる。抵抗値を換えると高次の周波数も変る。 メインの周波数は不動であるが、その上下に弱いのがパラパラと多数聞こえてきた。強さでは、「 x5  > x3 」だった。16MHz あるいは17MHzで x5 を使うのが良いようにも想う。 空芯コイルでは上手に x4を取り出したが、fczコイルでも x4 はできた。

、、と 水晶発振のトランスミッター(FM変調)の実験を開始した。 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34173746

27.000MHz水晶で x3,x4,x5を得る。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ