ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

« 6m の am トーキー基板を作図中。 | メイン | NE612式 455kHz発振器(マーカー)の発振確認した。 »

2018年10月26日 (金)

7MHz 用LA1600 ラジオ基板(RK-12)と 感度抜群IC(TDA1072)の基板RK-20.

*****************************

短波用ラジオICで LA1600が有名になったのは、アイテック電子オーナーの千葉OMに拠る処が大きい。

ただし局発は非作動でも放送を受信・検波してしまうことはこの春に公開した。その意味では他励式には不向きなICでもある。

仮にLA1600を使い回路設計するならば、TDA1072を推奨する。このTDA1072の方がHF帯~70MHzまで自励で回路になる。それに感度ではTDA1072 >> LA1600。実際に中波帯では LA1600基板(RK-33)で聞こえない放送が、TDA1072基板(RK-34)がんがん聞こえる。TDA1072はイーエレさんのみで扱っている。

RF部を内蔵したTDA1046もある。ICが届いた。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34149229

7MHz 用LA1600 ラジオ基板(RK-12)と 感度抜群IC(TDA1072)の基板RK-20.を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ