ラジオ系情報

Powered by Six Apart

« 手持ちのメーターを振らしてみた。 | メイン | トヨタ ヴィッツのOHC(オーバーヘッド コンソール) »

2018年3月 5日 (月)

「alc内蔵モノラルアンプ NJM2783」を使ったマイクコンプレッサー基板を興して通電してみた。

**************************

人気?のNJM2783(JRC)を使ったマイクコンプレッサー基板を興してみた。応答速度が0.5mS,1mSと速いのがセールスポイントのICだ。

クリッパーなのか?、リミッターなのか? compなのか?

すでにSSM2216基板は領布中ではあるが、このssm2166価格はRS、  degikeyで購入だとやや高い。性能と価格とは割合に比例関係がある分野でもある。 性能としてはSSM2166 >> NJM2783だとオイラは想っており、昨年にはSSM2216を基板化した。 今日は、NJM2783の作動を確認したい。

 

009

008

サイズ間違えもなく、よい感じでNJM2783が 載った。 

SSM2166基板と同様にジャンパーソケットで定数を変えられるようにした。

回路はデータシート通りにしてみた。出力は7番ピン。

010

011

◇通電した。JRCは9V駆動を推奨中。

012

◇下写真のように15mVも入れると歪む。クリッピングされている。写真では判り難いが0.5Voutからクリップされる。どうもIC不良らしい。初回から不良品を引き当てたようだ。

11番ピンの抵抗はデータシートのように47KΩ。この時はゲインSWはLOW側、所謂OFF状態。仮にゲインSWをONさせると 20dBのゲインが増える仕様。

SSM2166の作動具合⇒ここ

013

◇ゲインswをHに吊り上げると、発振した。 やはりICの不良か、、、、。

クリッピングは上下均等のようなので 動作点はちょうどセンターにあることが判るが、データシートでは1v出力でcompされるはず。Rsense=47k.

015_2

。MICからの最大出力は1~2mV程度なことが多いので、ゲインSWをOFFにして前段に10dB程度のアンプをTRで構成してその抵抗値でCOMP開始点を換えれるほが実践的だろう。 抵抗値によっては0.5mV近傍からもCOMPできるようにしたい。

SSM2166は1.6mv近傍からcompする。このicも。 

Photo

この内容をうけて基板を訂正した。 もっとも良品ICと遭遇する必要がある。

◇比較のためにSSM2166の写真。

SSM2166製作記事

014

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34109708

「alc内蔵モノラルアンプ NJM2783」を使ったマイクコンプレッサー基板を興して通電してみた。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ